徳島新聞Web

11月20日(月曜日)
2 2
20日(月)
21日(火)
徳島県内のニュース
地球などを立体表示 阿南市科学センターが新装置   2017/5/16 10:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

地球などを立体表示 阿南市科学センターが新装置 阿南市科学センター(同市那賀川町上福井)が、地球や月などの画像を立体的に映し出すシステム「ダジック・アース」を県内で初めて導入した。平面では不可能だった自転を分かりやすく再現でき、子どもの宇宙への関心を高める。5月以降、小学生向けの宇宙学習や天体観測イベントなどで活用する。

 プロジェクターで画像を半球体や球体に投影し、自転する地球などを映し出す。京都大大学院理学研究科の研究チームが2007年に開発し、無料でダウンロードできるソフトを使用する。

 地球の画像では台風やサイクロンの動き、四季の移り変わりなどを映し出せる。月は満ち欠けの様子や、地球から観測できない裏側も見える。画像は太陽、水星、木星、金星などもあり、センターでは発泡スチロール製の半球体(直径1・2メートル)に投影する。

 導入のきっかけは、市教委とJAXAとの「宇宙教育に関する協定」の一環で、昨年12月にJAXA職員が市内の小学校で行った特別授業。職員がダジック・アースで月面を紹介したところ、小学生に好評だったため、授業に同席していたセンターの今村和義専門指導員が導入を提案した。

 1回目は、5月30日にセンターで行われる大野小学校4年生を対象にした月の学習で活用される予定。本年度内にセンターでの常設展示も行う。

 今村専門指導員は「ダジック・アースで宇宙をより身近に感じてもらい、宇宙好きの子どもが増えてくれたらうれしい」と話している。
【写真説明】地球などを立体的に映し出すダジック・アース=阿南市那賀川町上福井の市科学センター





 11月20日 
 11月19日 
 11月18日 
 11月17日 
 11月16日 
 11月15日 
 11月14日 
 11月13日 

メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報