徳島新聞Web

10月18日(水曜日)
2 2
17日(火)
18日(水)
徳島県内のニュース
徳島LEDフェス、シンボル4作品決定 チームラボ制作   2017/8/10 10:04
このエントリーをはてなブックマークに追加

徳島LEDフェス、シンボル4作品決定 チームラボ制作 2018年2月に徳島市中心部で開かれる「とくしまLED・デジタルアートフェスティバル」のシンボルアート作品4点の概要が9日、市役所で開かれた実行委員会で決まった。制作は昨年に引き続き、徳島市出身の猪子寿之代表率いるIT会社「チームラボ」(東京)に委託する。

 4点は▽LEDで光るゴム製の置物を藍場浜公園に設置する「起き上がり小法師」▽城山の木々をLEDでライトアップする「呼応する木々」▽県庁敷地に設ける巨大なLEDオブジェをスマホで操作してもらう「クリスタル花火」▽万代中央埠頭(ふとう)の倉庫に阿波踊りをイメージした踊り子の3D映像を映し出す「秩序がなくともピースは成り立つ」。「起き上がり―」は新作で、「秩序が―」は国内で初公開となる。

 実行委は7月7日から作品を制作する事業者を公募し、8月3日の締め切りまでにチームラボと徳島市内の個人事業者がそれぞれ応募。8日に市役所で実行委の「作品等公募・審査部会」を開き、委員9人による審査の結果、チームラボが芸術性や集客力などで勝った。委託費は約1億1千万円。

 期間中の来場者の目標を昨年実績より8万人多い40万人とし、このうち県外客や外国人の割合を昨年の倍の15%とすることも申し合わせた。アートフェスは今年から初めて市と県が共催し、来年2月9~18日に行われる。
【写真説明】シンボルアート作品の一つの「クリスタル花火」(チームラボ提供)





 10月17日 
 10月16日 
 10月15日 
 10月14日 
 10月13日 
 10月12日 
 10月11日 
 10月10日 

メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報