徳島新聞Web

11月23日(木曜日)
2 2
23日(木)
24日(金)
徳島県内のニュース
京都精華大学長 竹宮さん(徳島市出身)退任へ   2017/8/16 10:18
このエントリーをはてなブックマークに追加

京都精華大学長 竹宮さん(徳島市出身)退任へ 京都精華大(京都市)の学長を務める徳島市出身の漫画家竹宮恵子さん(67)=福岡県朝倉市=が15日、徳島新聞の取材に対し、来年3月の任期満了に伴い、学長職を退任することを明らかにした。同大では学長は「70歳まで」となっており、次の任期(4年)を全うできないためとしている。

 竹宮さんは2000年に京都精華大教授となり、08年にはマンガ学部長、14年に学長に就任した。漫画家の学長就任は異例だった。竹宮さんは「1期4年という話で学長に就任したので、(退任は)予定通り」と話した。

 学長としての1期4年間について「職務が想像以上に忙しかったが、漫画の可能性を広げたいと願い続けてきた。漫画はまだまだ世界に影響力を与えられる分野」と話した。今後、大学で教壇に立つかは未定とした。

 竹宮さんは城東高校3年で「リンゴの罪」が週刊マーガレットで佳作入選。徳島大学芸学部を中退して上京し本格デビューした。代表作の「地球(テラ)へ…」は、小学館漫画賞を受賞し、アニメ化された。14年には紫綬褒章を受けた。9歳から20歳まで過ごした北島町に伝説が残る「源九郎狸(たぬき)」の伝承活動にも、デザイン画を書くなど協力している。

 京都精華大は短期大学だった1973年に「マンガクラス」を創設し、2006年に国内初のマンガ学部を開設した。学長の後任候補には、西アフリカ・マリ出身のウスビ・サコ教授(空間人類学)が選ばれており、9月の理事会で正式決定する。文部科学省によると、これまでアフリカ出身者が日本の大学の学長に就任した記録はなく、サコ氏が初とみられる。
【写真説明】竹宮恵子さん





 11月23日 
 11月22日 
 11月21日 
 11月20日 
 11月19日 
 11月18日 
 11月17日 
 11月16日 

メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報