徳島新聞Web

9月26日(火曜日)
2 2
26日(火)
27日(水)
徳島県内のニュース
徳島県内でJアラート訓練 北朝鮮ミサイルに備え   2017/8/18 14:01
このエントリーをはてなブックマークに追加

徳島県内でJアラート訓練 北朝鮮ミサイルに備え 政府は18日午前、北朝鮮による米領グアム周辺への弾道ミサイル発射に備え、上空を通過する恐れがある徳島県など中国・四国9県で、全国瞬時警報システム(Jアラート)の情報伝達訓練を行った。徳島県と24市町村は政府からの情報を受信。ミサイルが発射された場合に防災行政無線などを使って住民に知らせるため、機器が正常に動くかどうかを確認した。

 県庁では午前11時、政府から「これはJアラートのテストです」との電文が配信されると、Jアラートが自動起動し、電文が庁内放送で流れた。とくしまゼロ作戦課の職員が各庁舎や病院、学校など県有75施設で正常に電文が流れたことを確かめた。

 県内の市町村では、屋外や各世帯に設置された防災行政無線、ケーブルテレビなどから同じ電文が流れた。担当者は、機器の動作に異常がないか情報収集に追われた。

 午前10時には緊急情報ネットワークシステム(エムネット)の全国一斉訓練もあり、県庁の専用端末が内閣官房からの情報を受信。危機管理政策課の担当者が、自治体や防災関係機関と情報をやりとりする県の災害時情報共有システムの立ち上げなどの手順を確認した。

 県先進防災担当室の北村幸司室長は「いつ発射があっても迅速に情報伝達できるよう、引き続き緊張感を持って対応していきたい」と話した。
【写真説明】徳島県の関係機関や市町村でJアラートが正常に作動したかどうかを確認する県職員=県庁





 9月26日 
 9月25日 
 9月24日 
 9月23日 
 9月22日 
 9月21日 
 9月20日 
 9月19日 

メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報