徳島新聞Web

10月18日(水曜日)
2 2
18日(水)
19日(木)
徳島県内のニュース
とくし丸、シニア向け化粧品販売 資生堂と連携   2017/9/2 14:00
このエントリーをはてなブックマークに追加

とくし丸、シニア向け化粧品販売 資生堂と連携 軽トラックによる移動販売事業のとくし丸(徳島市)が1日、資生堂(東京)と連携し、化粧品の取り扱いを始めた。資生堂が、とくし丸の利用者の中心が高齢女性になっていることに着目し、新たな客層の掘り起こしにつなげようと提案した。初日は同社の女性社員が同乗し、「お化粧することで心身ともに元気になって」と売り込んだ。

 化粧品の取り扱いを始めたのは、スーパーのキョーエイから商品を仕入れ、徳島、香川両県をエリアにしている移動販売車22台。食料品や日用品に交じり、シニア層向けの化粧水や乳液、口紅など10種類を置き、その場で試してもらって気に入った場合に注文を受ける。

 今月中は資生堂の営業部社員が一部の車両に乗り込み、商品の提案などに当たる。この日は徳島オフィスの川崎友生(ゆう)さん(24)が、キョーエイ鳴門駅前店を拠点にしている車両に同乗。お年寄りに口紅を塗ってあげながら「自然な感じで、ちょっと出掛けるときに使うといいですよ」などとPRしていた。

 早速、口紅を注文した細川佐代子さん(82)=鳴門市鳴門町土佐泊浦=は「近くのスーパーや美容院に行くときにつけていきたい」と喜んでいた。

 とくし丸は顧客に高齢者が多い特性があるため、年齢層を絞った販売戦略を目指すメーカー側から試供品配布などを請け負うケースが近年増加している。同社の住友達也社長は「メーカーとも連携し、お年寄りがより輝くようなサービスの拡充に取り組みたい」と話している。
【写真説明】とくし丸に同乗した資生堂の社員に口紅を塗ってもらう女性=鳴門市鳴門町土佐泊浦





 10月18日 
 10月17日 
 10月16日 
 10月15日 
 10月14日 
 10月13日 
 10月12日 
 10月11日 

メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報