徳島新聞Web

9月24日(日曜日)
2 2
24日(日)
25日(月)
徳島県内のニュース
滴翠クラブ9月拡大例会 哲学者・内山節さんが講演   2017/9/9 10:06
このエントリーをはてなブックマークに追加

滴翠クラブ9月拡大例会 哲学者・内山節さんが講演 滴翠クラブ9月拡大例会が8日、徳島市の徳島グランヴィリオホテルで開かれ、徳島新聞日曜付の1面コラム「成熟社会 どう歩く」を執筆している哲学者・内山節(たかし)さんが講演した。自然と文明の関係を深く考察している内山さんは「経済発展を求めた時代から自然や地域、人との結び付きを考える時代になってきた」と時代の変遷に触れ、「どんなふうに生きていけばいいのかを考える時期が来ている」と話した。

 内山さんは日本社会の特徴として、片方で新しいものを取り入れながら、片方では古いものを受け継いでいる点を挙げ、「そうした歴史の厚さに、魅力を感じる外国人が増えてきていると感じる」と持論を展開。近年のインバウンド(訪日外国人旅行者)増加について「自国の社会が破壊してしまったものを、日本に求めてやってくる」と説いた。

 さらに、講演先で見たサトウキビの収穫風景を紹介し、機械を導入している農家と、家族総出で鎌を使って刈り取る農家を「効率に追われている姿と、幸せな家族の景色」と表現。今の時代について「対立する二つの景色があり、一人一人が答えを迫られ始めている気がする」と述べた。

 講演は約460人が聴講。熱心に聞き入っていたサツマイモ農家吉川裕之さん(43)=鳴門市大津町吉永=は「対立する二つの景色がある、という話に共感した。これまで以上にIターンしてきた人と交流を深めたいと強く思った」と感想を語った。
【写真説明】滴翠クラブ9月拡大例会で講演する内山さん=徳島グランヴィリオホテル





 9月24日 
 9月23日 
 9月22日 
 9月21日 
 9月20日 
 9月19日 
 9月18日 
 9月17日 

メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報