徳島新聞Web

9月24日(日曜日)
2 2
24日(日)
25日(月)
徳島県内のニュース
チアダンス世界選手権日本代表に 徳島市出身の内藤さん   2017/9/9 14:06
このエントリーをはてなブックマークに追加

チアダンス世界選手権日本代表に 徳島市出身の内藤さん 徳島市津田本町出身の環太平洋大(岡山市)3年内藤優香さん(21)が、11月に群馬県高崎市で開かれる第9回チアダンス世界選手権大会ダブルスの部に日本代表として出場する。大学からチアダンスを始めた内藤さんは新体操の経験を生かして力を付け、大舞台への切符をつかんだ。「練習の成果をぶつけたい」と意気込んでいる。

 チアダンスは、スポーツの試合で組み体操などの演技をしながら応援するチアリーディングのダンス部分を抜き出した競技で、両手にポンポンを持ちターンやジャンプなどを見せる。動きの正確さや体の柔軟性などが採点される。

 5月に高崎市で世界選手権予選を兼ねたアジア大会があり、内藤さんは入学時からペアを組む坂成祐美さん(21)=環太平洋大3年、福岡県出身=と出場。日本、インドネシア、フィリピンから参加した10組で争われ、内藤さんのペアはフィリピンのペアに次ぐ2位に入り、日本勢最上位に与えられる世界選手権の出場権を得た。

 内藤さんのペアは息の合った動きを披露。両足を180度以上開きジャンプする得意技「トゥタッチ」を立て続けに5回飛んだことなどが評価された。

 内藤さんは津田小学校1年生の時に新体操を始め、徳島市立高校3年まで続けた。大学では「新たな競技に挑みたい」とダンス部に入り、週6回の練習に励む。身長150センチと小柄ながら、昨年9月の日本オープン選手権で優勝するなど国内有数の競技者に成長した。「世界選手権を目標に頑張ってきた。これまで練習してきたことを出し切る」と意欲を見せている。

 世界選手権は2年に1度開かれ、ダブルス部門と、16人で踊る団体部門がある。両部門とも各国の代表は1組で、両部門合わせて30カ国以上からエントリーされる予定。
【写真説明】【上】内藤優香さん【下】チアダンス世界選手権予選を兼ねたアジア大会に出場した内藤さん(右)と坂成さん=5月、群馬県高崎市(内藤さん提供)





 9月24日 
 9月23日 
 9月22日 
 9月21日 
 9月20日 
 9月19日 
 9月18日 
 9月17日 

メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報