徳島新聞Web

9月24日(日曜日)
2 2
24日(日)
25日(月)
徳島県内のニュース
三好の視覚障害マラソンランナー 国際大会選考会でV   2017/9/13 10:10
このエントリーをはてなブックマークに追加

三好の視覚障害マラソンランナー 国際大会選考会でV 2018年4月に英ロンドンで開かれる障害者マラソンの国際大会「ワールドパラアスレチックスマラソンワールドカップ」に向けた8月末の選考会(札幌市)で、徳島県三好市池田町シマの髙井俊治さん(30)が男子の部で優勝した。軽度の視覚障害がある髙井さんは20年開催の東京パラリンピックの県強化選手。東京パラに向けて大きな弾みとなり、さらなる意欲を燃やしている。

 選考会は北海道マラソンと一緒に行われ、重度・中度・軽度を合わせた視覚障害者の男子の部には国内の有力選手ら8人(軽度は1人)が出場。髙井さんは故障から復帰したばかりだったが、軽度の視覚障害者部門で日本歴代4位となる2時間39分19秒で優勝した。

 ワールドカップの軽度視覚障害者部門には3人が出場でき、今回の選考会と12月の防府読売マラソン(山口県)の結果を基に総合的に判断される。髙井さんは、日本歴代2位の記録(2時間34分1秒)も持っており、有力候補になっている。

 池田中学校2年の時から徳島駅伝に毎年出場し、19歳でフルマラソンを始めた。中学時代に野球ボールが左目を直撃した影響で低下した視力がここ数年で悪化し、障害者手帳を取得。昨年4月に日本ブラインドマラソン協会に登録し、間もなく協会の強化選手に選ばれた。

 今年3月には、足の甲の骨にひびが入る故障をした。約3カ月後に復帰し、空白期間を取り戻そうと、走る距離を月300キロ弱から400~500キロに増やした。練習は週5、6日、主に町内の山間地を1人で走っており、協会の監督から電話やメールで助言も受けている。

 大会や練習場所が充実し、サポート企業も多い東京に進出するよう勧める声もあるが、地元でサポート企業を探しながら世界を目指す。東京パラの実施種目はまだ決まっておらず、当面の目標は18年のマラソンワールドカップの出場。「ずっと目標だった2時間半を切り、日の丸を付けて世界に行きたい」と意気込んでいる。
【写真説明】ワールドカップ出場に向け、練習に励む髙井さん=三好市池田町西山





 9月24日 
 9月23日 
 9月22日 
 9月21日 
 9月20日 
 9月19日 
 9月18日 
 9月17日 

メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報