徳島新聞Web

9月24日(日曜日)
2 2
24日(日)
25日(月)
徳島県内のニュース
徳島市で松竹大歌舞伎 1600人のファン楽しむ   2017/9/14 10:03
このエントリーをはてなブックマークに追加

徳島市で松竹大歌舞伎 1600人のファン楽しむ 歌舞伎の大名跡・中村芝翫(しかん)の八代目襲名披露を兼ねた公演「松竹大歌舞伎」(徳島県文化振興財団、四国放送、徳島新聞社主催)が13日、徳島市のあわぎんホールであった。昼夜2回の公演に約1600人のファンが訪れ、一流の歌舞伎役者の熱演を楽しんだ。

 演目は、平家物語の敦盛の最期を題材にした「熊谷陣屋(くまがいじんや)」。合戦から帰陣した熊谷直実が、平家の若武者・敦盛を討ったと妻らに語り、源義経の前で首実検に臨む。実は、敦盛を助けたい義経の意をくみ、身代わりに息子小次郎の首をはねて差し出したという物語。

 主君への忠義のため、わが子を犠牲にする直実を芝翫が情感たっぷりに演じ、観客席から大きな拍手が湧き起こった。

 かみしもを身に付けた歌舞伎役者が舞台に並び、芝翫と四代目中村橋之助、三代目中村福之助が襲名を披露する口上もあり、屋号の「成駒屋!」という掛け声が飛んだ。

 初めて歌舞伎を楽しんだ阿波市土成町吉田、農業組橋敬子さん(75)は「迫力ある演技に感動しました。また機会があれば見に来たい」と喜んでいた。
【写真説明】松竹大歌舞伎「熊谷陣屋」の舞台で熱演する中村芝翫(中央)=あわぎんホール





 9月24日 
 9月23日 
 9月22日 
 9月21日 
 9月20日 
 9月19日 
 9月18日 
 9月17日 

メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報