徳島新聞Web

11月24日(金曜日)
2 2
23日(木)
24日(金)
徳島県内のニュース
無料教室で女性ファン拡大へ 徳島・ボートレース鳴門   2017/9/14 14:01
このエントリーをはてなブックマークに追加

無料教室で女性ファン拡大へ 徳島・ボートレース鳴門 鳴門市撫養町のボートレース鳴門を運営する市企業局が、女性を対象にした自分磨きのための無料教室「ドキドキ ボレ女会」を開き、人気を集めている。女性にもレース場に親しんでもらおうと企画し、毎回テーマを変える趣向が好評を呼んでいる。市企業局は“ボートレース女子”を増やし、新たなファン層拡大につなげたい考えだ。

 今年3月から特別観覧施設「ROKU鳴門」で始め、約2カ月に1回のペースで開いている。これまでアイシングクッキーづくりや、自分に合った色を探るパーソナルカラー診断、ジェルネイルをテーマに、講師を招いて指導した。毎回県内外から20~60代の約40人が参加している。

 カフェタイムも設けられ、デザートやコーヒーが無料で振る舞われる。ボートレースの初心者講座もあり、同レース場のラジオガールズを務める吉野川市出身のタレント・木戸弥生さんがレースの流れや舟券予想を教えている。

 8月末に開かれた4回目の教室は、小さな器に粒石や苔を植えて庭を表現する苔庭作りに取り組んだ。神山町で苔庭や藍染作品を販売する「こんまい屋」のスタッフ2人が石の配置などをアドバイスし、約40人がお気に入りの作品を仕上げた。

 ガラス張りの室内からはレースを間近に観戦でき、徳島市南島田町の会社員永松加代子さん(55)は「場内は明るく開放的で、競艇場のイメージが変わった」と話した。

 次回は10月8日午後1時からヨガをテーマに開く。市のホームページから申し込みでき、締め切りは9月21日。定員40人で男性の同伴も可能。
【写真説明】講師のアドバイスを受けながら苔庭作りを楽しむ参加者=鳴門市のボートレース鳴門





 11月23日 
 11月22日 
 11月21日 
 11月20日 
 11月19日 
 11月18日 
 11月17日 
 11月16日 

メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報