徳島新聞Web

10月20日(金曜日)
2 2
20日(金)
21日(土)
徳島県内のニュース
台風18号 徳島県内は17日昼すぎ暴風域   2017/9/16 14:06
このエントリーをはてなブックマークに追加

台風18号 徳島県内は17日昼すぎ暴風域 大型で非常に強い台風18号は16日午前、東シナ海を北東に進んだ。17日には九州にかなり接近して上陸する恐れがある。徳島県には同日夕方ごろ最接近する見通しで、16日午後から南部を中心に激しい雨が降り、17日昼すぎから夜にかけて風速25メートル以上の暴風域に入るとみられる。徳島地方気象台は土砂災害や河川の増水などに注意するよう呼び掛けている。

 気象台によると、徳島県内は南部で16日昼すぎ、北部では夜の初めごろから雨が激しくなる。17日は局地的に大雨となる所もあり、1時間雨量は多い所で北部60ミリ、南部80ミリとなる見込み。

 17日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で南部250ミリ、北部200ミリ。その後も雨は降り続け、18日午前6時までの24時間には多い所で南部300~400ミリ、北部200~300ミリと予想されている。

 17日にかけて県内で予想される最大風速は北部、南部ともに陸上25メートル、海上30メートル。波の高さはうねりを伴って南部で最大8メートル、北部で最大7メートルの大しけになりそう。


 ◆鳴門のナシ農家 接近に備え対策

 台風接近に備え、鳴門市ではナシ農家が園の周囲に防風ネットを張るなどの対応に追われた。同市大津町大代の「フルーツガーデンやまがた」の従業員山本浩之さん(38)は「9月末までナシ狩りの予約が入っているので、実が落ちてしまわないか心配だ」と話した。

 台風18号は午前9時現在、東シナ海をゆっくりと北東へ進んでいる。中心気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径200メートル以内が風速25メートル以上の暴風域。
【写真説明】ナシ園に張った防風ネットを点検する従業員=鳴門市大津町





 10月19日 
 10月18日 
 10月17日 
 10月16日 
 10月15日 
 10月14日 
 10月13日 
 10月12日 

メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報