徳島新聞Web

12月18日(月曜日)
2 2
18日(月)
19日(火)
徳島県内のニュース
台風18号で床下浸水や斜面崩壊 徳島県内被害相次ぐ   2017/9/19 10:01
このエントリーをはてなブックマークに追加

台風18号で床下浸水や斜面崩壊 徳島県内被害相次ぐ 台風18号による強い風雨に見舞われた徳島県内で18日、床下浸水や建物の倒壊、山の斜面が崩壊するなどの被害が、各自治体などのまとめで新たに判明した。

 強風によるものとみられる被害が目立ち、美波町の西河内地区では、町内の事業所が所有する木造トタン張り平屋約10平方メートルの物置が全壊。同地区にある町日和佐学校給食センターの車庫のシャッター2枚が破損し外れているのが見つかったほか、東由岐漁協の荷さばき場と倉庫の屋根の一部が損壊した。

 阿南市那賀川、羽ノ浦両町ではキュウリ農家5戸のビニールハウスが破損。徳島商業、新野、板野の3高校で窓ガラスが割れているのが確認された。

 徳島市の徳島中央公園では、徳島城博物館の西側に植わるシダレザクラが折れた。近くの女性会社員(57)は「開花を楽しみにしていた。かわいそう」と話した。

 鳴門市瀬戸町では5戸で床下浸水が確認された。三好市池田町の馬路地区では山の斜面が崩壊し、大量の土砂が水田に流れ込んだ。

 17日夜に停電したのは8市10町の約1万8千戸に上っていた。いずれも復旧している。つるぎ町貞光の10戸は復旧まで15時間半、停電が続いた。

 松茂町を除く23市町村の自主避難者は18日正午までに全員帰宅。各交通機関のダイヤは順次、正常に戻り、道路の通行止めも全て解除された。
【写真説明】台風の影響で山肌から田んぼに流れ込んだ土砂=18日、三好市池田町馬路



台風18号、徳島縦断 14万人に一時避難勧告



 12月17日 
 12月16日 
 12月15日 
 12月14日 
 12月13日 
 12月12日 
 12月11日 
 12月10日 

メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報