徳島新聞Web

10月20日(金曜日)
2 2
19日(木)
20日(金)
徳島県内のニュース
徳島刑務所が高齢者専用棟を開設 65歳以上25%に   2017/9/22 10:13
このエントリーをはてなブックマークに追加

 徳島刑務所が、収容されている受刑者の高齢化が進んでいることを受け、介助や介護予防の取り組みを強化している。65歳以上の割合は約25%に達しており、刑務所は昨年12月に高齢者専用棟「機能促進センター」を開設したほか、今年9月から介護専門スタッフを新たに配置した。

 受刑者594人(21日時点)の平均年齢は53歳。このうち148人が65歳以上で、高齢者の占める割合は2013年(19・6%)より5ポイント以上増加している。最高齢は91歳。体調にもよるが、食事や着替えなどに介助を要する受刑者は常時3人程度いるという。

 受刑者の高齢化は全国的な傾向だが、宮本祐康所長は「徳島刑務所は、無期懲役を含め刑期の長い受刑者が多い。服役するうちに高齢化していく傾向があり、特に顕著なのではないか」とみる。

 こうした状況を受けて刑務所は法務省の補助制度を使い、9月から非常勤の介護士1人を雇用。毎日3時間勤務してもらい、高齢受刑者の食事や入浴の介助を任せている。刑務官の1人は「刑務官の負担軽減につながっている」と話す。

 機能促進センターは既存の建物を活用して設けた。紙細工など身体的負担の少ない刑務作業に従事する高齢者43人が生活し、毎日3回、10分程度の体操に取り組み、運動機能の低下と認知症の予防に努めている。

 宮本所長は「要介護状態となる受刑者をなくしたい」と話した。


 ◆全国受刑者の製品展示即売へ 施設見学も可能

 徳島刑務所は30日、受刑者が作った製品を展示即売する「第36回徳島矯正展」を同所で開く。

 全国の刑務所で作られた製品を並べ、徳島刑務所からは靴やかばん、藍染商品などが出品され、施設見学もできる。金管バンドの演奏会や「三味線餅つき」などのイベントのほか、たこ焼きやホットドッグを販売する飲食コーナーがある。

 午前9時から午後3時半まで。問い合わせは刑務所企画部門<電088(644)0114>。




 10月19日 
 10月18日 
 10月17日 
 10月16日 
 10月15日 
 10月14日 
 10月13日 
 10月12日 

メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報