徳島新聞Web

10月18日(水曜日)
2 2
18日(水)
19日(木)
徳島県内のニュース
徳島・上板町長選 現職と新人の一騎打ちに 10月1日投開票   2017/9/26 17:20
このエントリーをはてなブックマークに追加

 任期満了に伴う上板町長選は26日告示され、再選を目指す無所属で現職の七条明氏(66)=同町七條=と、前町議会議長で無所属新人の松田卓男氏(69)=同町神宅=の2人以外に届け出がなく、一騎打ちが確定した。

 午前8時半の受け付け開始と同時に、両氏の代理人が立候補手続きを済ませた。両陣営は届け出に合わせてそれぞれ出陣式を開き、第一声を上げて5日間の選挙戦に突入した。松田氏は届け出によって町議を自動失職した。

 七条氏は同町七條の事務所に支持者ら約620人(陣営発表)を集めて出陣式。「人口減少で財政が厳しく、少子高齢化も加速している。財政規律を守り、みんなが支え合う町づくりを目指して、もう一度仕事をさせてほしい」と訴えた。

 松田氏は同町西分の事務所前で支持者ら約650人(陣営発表)を前に「子育て環境の充実による若者の定住促進や、高齢者をはじめ誰もが健康で生きがいを持って暮らせる笑顔あふれる町づくりへ挑戦したい」などと気勢を上げた。

 投票は10月1日午前7時から午後8時まで、神宅小学校体育館など町内5カ所で。午後9時から町中央公民館で即日開票される。25日時点の有権者数は1万458人(男4975人、女5483人)。


現職・新人一騎打ち濃厚 徳島・上板町長選、26日告示



 10月18日 
 10月17日 
 10月16日 
 10月15日 
 10月14日 
 10月13日 
 10月12日 
 10月11日 

メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報