徳島新聞Web

12月15日(金曜日)
2 2
15日(金)
16日(土)
徳島県内のニュース
徳島県と2大学が連携 都内で「第九」100年記念講座   2017/10/9 14:01
このエントリーをはてなブックマークに追加

徳島県と2大学が連携 都内で「第九」100年記念講座 ベートーベン「第九」の国内初演から100年になるのを記念した講座「板東俘虜(ふりょ)収容所と『第九』」(明治大、徳島県、徳島大主催)が8日、東京都千代田区の明治大駿河台キャンパスで開かれた。両大学の教授らが講演やシンポジウムで初演の史実や、今に続く日独交流について解説し、市民350人が耳を傾けた。

 徳島大の井戸慶治教授は、第1次大戦中、鳴門市にあった板東収容所では、音楽をはじめさまざまな経済・文化活動が行われていたことを紹介。「松江豊寿(とよひさ)所長の寛容性とヒューマニズムいう基盤があったほか、ドイツ兵捕虜が知識人や専門家ら多様な構成だった」と、背景を説明した。

 同大の石川栄作名誉教授は、第2次大戦後、収容所を転用した引き揚げ住宅に住み元捕虜の墓守を続けた女性の話を取り上げ、「交流は苦しみを体験した人たちの世界平和への思いに支えられ、受け継がれてきた」と語った。

 明治大生の混声合唱団による「歓喜の歌」の合唱と、同大の井戸田総一郎教授による歌詞の解説もあった。参加者も井戸田教授からドイツ語の指導を受け、大学生と共に歌声を響かせた。

 各地の第九合唱に参加しているという東京都中野区の清水幸子さん(70)は「第九の歴史を教わりたくて受講した。鳴門とドイツとの交流や、歌詞に込められた思いを合唱仲間に伝えたい」と話した。
【写真説明】「板東俘虜収容所と『第九』」と題した講座で意見交換するパネリスト=東京都千代田区の明治大駿河台キャンパス



連載「第九永遠なり 鳴門初演100年」 第1章 聖地に集う
連載「第九永遠なり~鳴門初演100年」 第2章 捕虜たちの祖国
連載「第九永遠なり~鳴門初演100年」 第3章 収容所から



 12月15日 
 12月14日 
 12月13日 
 12月12日 
 12月11日 
 12月10日 
 12月9日 
 12月8日 

メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報