徳島新聞Web

12月16日(土曜日)
2 2
16日(土)
17日(日)
徳島県内のニュース
こども県展・県展2期展 徳島市で開幕   2017/10/13 14:03
このエントリーをはてなブックマークに追加

こども県展・県展2期展 徳島市で開幕 第13回徳島県こども美術展と第72回徳島県美術展第2期展(県民文化祭開催委員会、県美術家協会、徳島新聞社主催)が13日、徳島市のあわぎんホールで始まり、個性あふれる秀作約2千点が来場者を引き付けた。

 小中学生の絵画と書写の作品を集めたこども県展では、応募1万2643点から選ばれた入賞・入選作品1695点(絵画691点、書写1004点)が展示された。

 絵画では阿波踊りの踊り子の姿や夏休みの思い出などが描かれ、書写では子どもらしい伸びやかな筆遣いの書が並んでいる。

 孫の絵画を見に来た小松島市中田町の主婦永井美恵子さん(63)は「どの作品も素晴らしい出来。絵を描く楽しさが伝わってくる」と感心していた。17日まで。入場無料。

 県展第2期展では写真、美術工芸、デザインの3部門の入賞・入選作品242点と特別出品などの無審査作品41点を展示。里山の風景を収めた写真や環境問題をテーマにしたメッセージ性の高いデザイン画、趣のある陶芸品などが来場者の目を楽しませている。

 18日まで。入場料は一般・大学生800円、高校生300円、中学生以下無料。

 第3期展(書道)は20~25日、同ホールで開かれる。
【写真説明】[上]伸び伸びと描かれた子どもたちの作品に見入る来場者[下]個性的な力作が並ぶ県美術展第2期展=あわぎんホール





 12月16日 
 12月15日 
 12月14日 
 12月13日 
 12月12日 
 12月11日 
 12月10日 
 12月9日 

メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報