徳島新聞Web

11月22日(水曜日)
2 2
22日(水)
23日(木)
徳島県内のニュース
あおり運転摘発、昨年21件 徳島県警が注意呼び掛け   2017/10/20 10:01
このエントリーをはてなブックマークに追加

 徳島県警が昨年1年間に、前方の車をあおって走行するなど、道交法違反の「車間距離不保持」で摘発したのは21件だったことが分かった。今年は6件(9月末時点)で、いずれも高速道路上での摘発だった。人身事故は、2007~16年の10年間に44件発生しており、県警が注意を呼び掛けている。

 人身事故は、高速道で5件、一般道で39件起きた。今年発生した事故を含む悪質なケースは▽徳島市新浜町などで、男が知人女性の車を至近距離であおって約1キロにわたって付け回したことで、女性の車がコンクリート壁に激突、重傷を負った(10年6月)▽同市三軒屋町の国道で、前方にいた車の発進が遅かったことに腹を立てた男が無謀な割り込み運転をして歩道に突っ込み、自転車の高校生2人に重軽傷を負わせた(今年3月)―など。

 高校生に重軽傷を負わせた男は、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の罪で起訴された。

 県警は、「あおり運転」の定義はしていないが、運転中の嫌がらせ行為への対処法として、安全な場所に速やかに停車したりドライブレコーダーで証拠を残したりすることを挙げる。交通企画課は「冷静に対応し、危険を感じたら110番してほしい」と呼び掛けている。




 11月22日 
 11月21日 
 11月20日 
 11月19日 
 11月18日 
 11月17日 
 11月16日 
 11月15日 

メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報