徳島新聞Web

12月15日(金曜日)
2 2
15日(金)
16日(土)
徳島県内のニュース
鳴門市長選、泉氏が無投票3選   2017/11/20 10:10
このエントリーをはてなブックマークに追加

鳴門市長選、泉氏が無投票3選 任期満了に伴う鳴門市長選が19日告示され、無所属で前市長の泉理彦氏(56)=鳴門町土佐泊浦=以外に立候補の届け出がなく、泉氏の3選が決まった。同市長選の無投票は1991年以来、7期ぶり。3期目を担うのは歴代市長9人のうち、1959年から7期務めた故谷光次氏に次いで2人目となる。
 
 泉氏は当選後、鳴門市撫養町の選挙事務所で「10年後、20年後の子どもたちの笑顔を皆さまと一緒につくっていきたい」とあいさつ。3期目に向けて第九アジア初演100周年などを生かした地域活性化策や、ふるさと納税を活用した福祉施策、産直市や観光案内の機能を持たせた拠点を整備する「四国のゲートウェイ化構想」の推進などに取り組むとした。
 
 泉氏は2009年の市長選で新人3人による選挙戦を制して初当選。再選を目指した13年の市長選も新人を大差で退け、学校施設の耐震化やボート事業の立て直しに尽力した。
 
 今年の市議会6月定例会で「鳴門で生まれて良かったと実感できるまちづくりを進めたい」と立候補を表明。鳴門選出の県議3人や市議20人のほか、農協など市内の主要な団体から支持を受けた。
 
 市長選は、12月17日に任期満了を迎える市議選とのダブル選にしたため、泉氏の2期目の任期が終わる11月16日を過ぎて告示された。新任期は投開票日だった26日から21年11月25日まで。
【写真説明】泉理彦氏



鳴門市議選告示、定数を4人上回る26人が立候補



 12月15日 
 12月14日 
 12月13日 
 12月12日 
 12月11日 
 12月10日 
 12月9日 
 12月8日 

メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報