徳島新聞Web

1月21日(日曜日)
2 2
21日(日)
22日(月)
徳島県内のニュース
徳島駅ビル正面の灰皿撤去 県都の玄関口イメージ改善   2017/12/10 10:15
このエントリーをはてなブックマークに追加

徳島駅ビル正面の灰皿撤去 県都の玄関口イメージ改善 徳島駅ビルの正面玄関付近に置かれていた灰皿2基が、11月末で撤去された。駅前でたばこをふかす姿を見た人から「県都の玄関口の光景として、いかがなものか」との指摘を受け、JR四国が決断した。受動喫煙防止の機運が高まる中、同社は目に付く公共スペースでの禁煙を徹底させる。愛煙家は戸惑いながらも理解を示している。

 撤去されたのは、徳島駅クレメントプラザ玄関脇にあった灰皿。分煙用の囲いはなく、通勤や帰宅途中の会社員、高速バスの乗車を待つ人たちが利用していた。多い時には10人前後が集まり、1時間に20~30人が一服。歩道などへのポイ捨て防止にも一役買っていた。

 現在は、建物の壁面に灰皿撤去を知らせるボードが張られ、クレメントプラザ地下1階やJRホテルクレメント徳島の脇、駅構内の各ホームに喫煙場所があることを写真入りで周知している。

 6月に就任した松尾勉駅長によると、駅利用者から景観上の苦情や健康への影響を心配する意見が少なくとも10件あり、灰皿撤去に踏み切った。撤去後、看板に見入ったり、たばこに火を付けてから灰皿がないことに驚いたりと、愛煙家の反応はさまざまだという。

 通勤時によく喫煙していた阿南市那賀川町の男性会社員(62)は「駅前で堂々と一服するのは時代に合わない。仕方ない」。徳島市富田町の男性会社員(23)は「カフェで吸います」と話した。

 高松市によると、高松駅前にも喫煙場所はあるが、目立たない所にある。松尾駅長は「いろいろな立場の人の声を聞きながら、駅と喫煙の在り方について対応を考えたい」と話している。
【写真説明】徳島駅ビル正面玄関に置かれていた灰皿の撤去を知らせるボード=同駅前





 1月21日 
 1月20日 
 1月19日 
 1月18日 
 1月17日 
 1月16日 
 1月15日 
 1月14日 

メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報