徳島新聞Web

2月21日(水曜日)
2 2
21日(水)
22日(木)
徳島県内のニュース
「刀剣乱舞」原画展に合わせコスプレ満喫 徳島城博物館   2018/2/2 10:02
このエントリーをはてなブックマークに追加

「刀剣乱舞」原画展に合わせコスプレ満喫 徳島城博物館 人気アニメ「活撃 刀剣乱舞」の原画展(実行委、徳島市、徳島新聞社主催)が開かれている同市の徳島城博物館が、週末には登場人物に扮(ふん)した若者らのコスプレイヤーでにぎわっている。館内で思い思いの衣装に着替え、原画展の鑑賞や情緒ある旧徳島城表御殿庭園での撮影を楽しむことができ、好評だ。

 同館ではイベントに合わせて更衣室を設置しており、若者らは名刀を擬人化した美男子キャラクターの「刀剣男士」に変身。博物館に隣接する庭園の石組みや松の木を背にポーズを決め、写真に納まっている。

 テレビ放映された名シーンの原画など約280枚が並ぶ原画展や、併催している名刀の企画展「鐡華(てっか)繚乱(りょうらん) ものゝふの美」もコスプレ姿で見て回り、刀剣の魅力に浸っている。

 1月27、28の両日には関連イベントの撮影会があり、県内外のコスプレイヤー24人がモデル気分でプロカメラマンに撮影してもらった。

 天下五剣に数えられる国宝の太刀「三日月宗近」のキャラに扮した西森孝寿さん(33)=高知市、会社員=は「趣ある庭園は撮影にぴったり。アニメの世界に入り込んだようでわくわくする」と話し、撮影や刀剣の鑑賞を楽しんでいた。博物館の根津寿夫館長は「アニメやコスプレをきっかけに、文化財としての刀剣に関心を高めてもらえればうれしい」と歓迎している。

 原画展と企画展は12日まで。原画展の観覧料は500円で、「鐡華繚乱―」の入館料(一般千円、大学・高校生800円)も必要。中学生以下は無料。
【写真説明】情緒ある庭園で写真撮影を楽しむコスプレイヤー=徳島市の旧徳島城表御殿庭園



「活撃 刀剣乱舞」原画展が開幕 徳島城博物館で2月12日まで
徳島で「活撃 刀剣乱舞」原画展 刀剣展とコラボ
徳島城博物館開館25周年記念「鐵華繚乱―ものゝふの美」☓「活撃 刀剣乱舞」原画展




 2月21日 
 2月20日 
 2月19日 
 2月18日 
 2月17日 
 2月16日 
 2月15日 
 2月14日 

メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報