徳島新聞Web

2月21日(水曜日)
2 2
21日(水)
22日(木)
徳島県内のニュース
コウノトリ「あさ」 死因は出血性ショック   2018/2/11 14:01
このエントリーをはてなブックマークに追加

コウノトリ「あさ」 死因は出血性ショック 徳島県は10日、鳴門市大麻町三俣で死んでいるのが見つかったコウノトリの雌「あさ」の死因が、内臓破裂による出血性ショックだったと発表した。

 あさの解剖は、県の依頼を受けたとくしま動物園(徳島市)の獣医師が担当した。県によると、肝臓の一部裂傷や腎臓の破裂などが見られ、体に強い衝撃を受けたことが推測できるが、理由は分かっていない。頸椎(けいつい)の1カ所が脱臼していたものの、骨折はなかった。

 栄養状態が非常に良好で、胃には消化中の水生生物が充満しており、スポンジなどの誤食はなかった。胸に開いていた小さい穴は、死後にカラスにつつかれた痕とみられる。

 あさは、昨年3月に鳴門市大麻町で生まれたコウノトリ3羽のうち唯一の雌。死骸は9日午後、池谷駅から南に約1キロの高徳線の線路東側の水路付近で発見された。
【写真説明】あさの死骸を調べる獣医師=鳴門市大麻町三俣



昨年誕生コウノトリ「あさ」死ぬ 徳島・鳴門の水路付近
コウノトリの「あさ」親離れ 兵庫県三木市で確認
コウノトリ「あさ」空舞う 巣上空を22秒間旋回



 2月21日 
 2月20日 
 2月19日 
 2月18日 
 2月17日 
 2月16日 
 2月15日 
 2月14日 

メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報