徳島新聞Web

10月20日(金曜日)
2 2
19日(木)
20日(金)
高校野球
鳴門渦潮(徳島)本番さながら力強い足取り 開会式リハーサル   2017/8/7 10:54
このエントリーをはてなブックマークに追加

鳴門渦潮(徳島)本番さながら力強い足取り 開会式リハーサル 第99回全国高校野球選手権大会の開会式リハーサルが6日、甲子園球場で行われ、鳴門渦潮の選手が本番さながらに、力強い足取りで憧れのグラウンドを踏みしめた。
 
 行進は名護(沖縄)の山下明弘主将が先導役を務めた。強い日差しが照りつける中、7年連続出場を果たした昨年優勝の作新学院(栃木)を先頭に、滝川西(北北海道)から興南(沖縄)まで北から南の順に、49代表校の約900人が歩調を合わせて歩いた。
 鳴門渦潮は徳島大会の優勝旗を手にした松﨑健太主将をはじめ、選手18人が元気よく行進した。
 
 松﨑主将は「全員の足並みがそろった。順延となったが、気持ちを切り替えて8日も胸を張って堂々と行進したい」。行進の声出し係を務めた鈴江竜飛投手は「緊張せずにみんなをうまくリードできた。本番はスタンドの歓声に負けないよう大声を出す」と意気込んだ。

 
■相手エースを想定 打撃練習で快音

 鳴門渦潮のナインは6日、開会式リハーサルを終えた後、兵庫県三木市の三木北高校で約2時間、打撃練習などで汗を流した。
 
 フリー打撃では、日本文理のエース稲垣を想定し、マシンを130キロ台の直球とスライダーに設定。各打者ともコースに逆らわない打撃で好調ぶりをアピールしていた。
 
 フリー打撃の合間には素振りを300回、30メートルダッシュを30本こなした。森監督は「体調の悪い選手もおらず、チーム状態はいい。
【写真説明】開会式リハーサルで行進する鳴門渦潮ナイン=甲子園球場



鳴門渦潮(徳島)森監督「ロースコアの展開に」 夏の甲子園、監督対談
鳴門渦潮(徳島)の甲子園初戦は12日に 全国高校野球、台風で開幕順延







メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報