徳島新聞Web

11月20日(月曜日)
2 2
20日(月)
21日(火)
高校サッカー
ヴォルティスユース、首位攻防戦制し次節にもV サッカー四国プリンスリーグ   2017/11/18 21:28
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴォルティスユース、首位攻防戦制し次節にもV サッカー四国プリンスリーグ サッカーの高円宮杯U-18(18歳以下)プリンスリーグ四国は18日、約2ヵ月の中断期間を経て再開され、徳島スポーツビレッジなど四国各地で5試合を行った。首位の徳島ヴォルティスユースは松山市の北条スポーツセンター陸上競技場で2位の愛媛FC U-18と対戦し、3−2で勝ち、首位を守った。残り3試合で勝ち点差は4に広がり、次節に徳島ヴォルティスユースが勝ち、愛媛FC U-18が敗れると、ヴォルティスユースの10年ぶりの優勝が決まる。
 徳島県関係では、全国高校選手権に初出場する徳島北が2−1で徳島市立に競り勝った。第15節を終えて、徳島ヴォルティスユースが首位、徳島市立が3位、徳島北が9位となっている。
 次節は11月25日に香川、愛媛両県で開かれる。
【写真説明】第15節終了時点の順位表









メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報