徳島新聞Web

10月19日(木曜日)
2 2
19日(木)
20日(金)
高校サッカー
ヴォルティスユース、大勝で2位との差広げる 藤原と岩佐がハット サッカーのプリンスリーグ四国   2017/9/18 23:02
このエントリーをはてなブックマークに追加

 サッカーの高円宮杯U-18(18歳以下)プリンスリーグ四国は18日、延期になっていた第7節の2試合を高知県春野総合運動公園で行い、徳島県関係では徳島ヴォルティスユースが8−2で明徳義塾高校(高知)に大勝し、首位を守った。通算11勝2分けで勝ち点を35に伸ばした。16日の第13節で引き分け、2位愛媛FC U-18(愛媛)と勝ち点で並んでいたが、差を3に広げた。
 徳島ヴォルティスユースは、前半25分にMF藤原志龍のゴールで先制したが、36分に追いつかれて後半へ。後半2分に再び藤原が決めて勝ち越したものの、10分に再び2−2とされた。その後はゴールラッシュ。FW岩佐暸希、MF山田誠人、MF八木裕哉が得点し、37分に藤原がハットトリックとなる3点目を決めると、40分に岩佐もハットトリックを達成した。
 全10チームが13試合を終え、勝ち点35で徳島ヴォルティスユースが首位、徳島市立高校が勝ち点21で4位、徳島北高校が勝ち点9で9位となっている。
 次節は23日に徳島市立高校グラウンドなどで開かれる。



ヴォルティスユース、大勝で2位との差広げる 藤原と岩佐がハット サッカーのプリンスリーグ四国





メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報