徳島新聞Web

11月22日(水曜日)
2 2
22日(水)
23日(木)
高校サッカー
全国高校サッカー徳島大会 12日決勝   2017/11/11 10:51
このエントリーをはてなブックマークに追加

 サッカーの第96回全国高校選手権徳島大会最終日は12日、徳島市球技場で徳島市立対徳島北の決勝が行われる。2年連続の全国切符を狙う徳島市立に対し、県総体決勝、四国総体決勝と続けて惜敗した徳島北が雪辱できるか。キックオフは午後2時5分。優勝校が全国選手権(12月30日開幕・東京駒沢陸上競技場ほか)に出場する。

 第1シードの徳島市立は司令塔のMF小延がキーマン。広い視野で配球してゲームを組み立てるほか、球出しが難しいときは自ら運んで得点もできる。得点力がある岡田や岡、篠原、攻守のバランスを取る赤松、佐野など個の能力が高い選手がそろい、河野監督がどんな顔ぶれで臨むかが見どころだ。

 第2シードの徳島北は小林、富士の両サイドからの攻撃に活路を見いだす。延長戦にもつれた準決勝でもサイドからの展開でフリーになった小林が仕留めた。最前線のFW久米川やボランチ濱田らの粘り強さも流れを呼び込む鍵になる。

 徳島北はなるべく早い時間帯に先制して、気持ちの上でも先手を取りたい。ゲームが落ち着くと攻め手に富む徳島市立が押し込む時間が長くなるだろう。








メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報