徳島新聞Web

12月15日(金曜日)
2 2
14日(木)
15日(金)
徳島ヴォルティス
徳島ヴォルティス ホーム戦の来場者平均5170人   2017/8/4 14:43
このエントリーをはてなブックマークに追加

 徳島ヴォルティスは8月の5試合中、4試合がホーム戦と地の利に恵まれている。ただ、今季のホーム戦12試合の平均来場者数は5170人で、目標とする5500人に届いていない。奮闘する選手を鼓舞するためにもサポーターの後押しは不可欠で、クラブは目標達成へてこ入れを図る。

 徳島のホーム戦12試合の来場者数は≪図≫の通り。目標ラインを超えたのは愛媛とのダービーマッチ(7583人)を筆頭に東京Vとの開幕戦(6149人)など5試合。昨季J1だった名古屋や福岡との対戦も6000人前後とまずまずだった。

 半面、平日夜の試合だった金沢戦は3100人余り。順位が伸び悩む熊本や岐阜との試合も4000人を切った。

 平均来場者数は山口FC(5321人)に次いでリーグ15位。昨年、一昨年の平均実績を上回っているが、チームの活躍ぶりに比べると寂しい数字だ。クラブ担当者は「もっと努力しないといけない」と話す。

 集客策の一つが数々のキャンペーン活動。ホームタウンデーは当該市町村の住民なら優待料金で入場できるほか、小中高生も無料で招待され、観客増が見込める。8月は横浜FC戦(藍住町民デー)、山口戦(美馬市民デー)、山形戦(鳴門市民デー)の3試合に設定されている。

 この3試合には家族で過ごす時間が増える夏休みに合わせて「親子ペアチケット」も用意した。A自由席とホーム自由席を対象に、例えば大人1人、小中高生1人の組み合わせなら、通常の当日料金より1200円安くなる。

 5日の千葉戦では、徳島県教委とタイアップした「感動体験推進事業」により、県内の小中高生を対象に無料招待する。

 会員制交流サイト(SNS)を使った情報発信も強化している。今季からツイッターや公式ホームページ上で先発メンバー、試合経過、スコアなどを速報。より幅広いファン層の関心を引き、スタジアムへ足を運んでもらう狙いだ。



徳島ヴォルティス ホーム戦の来場者平均5170人





日程・結果
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報