徳島新聞Web

12月15日(金曜日)
2 2
15日(金)
16日(土)
徳島ヴォルティス
ポジション取り秀逸 新加入のMF清原【徳島の注目プレーヤー】   2017/8/10 10:32
このエントリーをはてなブックマークに追加

ポジション取り秀逸 新加入のMF清原【徳島の注目プレーヤー】 徳島ヴォルティスに頼もしい仲間が加わった。C大阪から期限付きで移籍したMF清原翔平(30)=北海道帯広市出身。J3からJ2へ、J2からJ1へ、かつて所属したチームで2度の昇格に貢献した功労者だ。新天地の徳島でも「力になりたい」と、悲願達成へ汗を流す。
  
 「キヨと呼んでください」。7月26日、板野町のクラブハウスで仲間から拍手で迎えられた。3日後の湘南戦で後半24分から途中出場。前節の千葉戦は後半の45分でプレーした。
 
 2試合とも黒星に終わり、「まだギャップはある」と連係面の不安を率直に明かす。それでも6日に行われた大阪の国体成年チームとの練習試合では1得点、1アシストを決め、溝は徐々に埋まりつつあるようだ。
 
 165センチと小柄だが、相手DFとの駆け引きや守備ラインの裏側への飛び出しなど、前線でのポジショニングに秀でる。ロドリゲス監督は「慣れればいろんなポジションで役割を発揮できる」と期待する。
 
 札幌大を卒業した2010年、JFLの「SAGAWA・SHIGA・FC」に加入。仕事をしながら好きなサッカーを続けた。
 
 しかし、所属先は12年限りで活動を休止。「サッカーが続けられなくなる」危機感を感じたが、同じJFLだった金沢から声を掛けられ、13年にプロの道へ。創設されたばかりのJ3に金沢が参戦した14年は主将を務め、チーム一の9得点をマークして、初制覇とJ2昇格に貢献。15年まで金沢に在籍した後、16年にJ2だったC大阪に移籍し、J1昇格プレーオフ決勝の岡山戦で決勝点を挙げた。
 
 昇格するために欠かせないのは「みんながチームのことを考えること」だと言う。試合に出ていない選手も含め、「全員が一丸となって目標に向かっているか」が最も大事だと強調する。
 
 シーズン途中で徳島への移籍を決断したのは、その雰囲気を十分に感じ取ってのこと。それだけに新加入後、まだ白星がないことが歯がゆい。
 
 「まずチーム内でしっかり競争し、全体がレベルアップして目標に前進したい」。落ち着いた語り口の中に、熱い闘志と決意をにじませた。
【写真説明】千葉の選手と競り合う徳島の清原(右)=5日、鳴門ポカリスエットスタジアム



連敗脱出へ攻撃陣奮起 徳島ヴォルティス11日ホームで横浜戦







日程・結果
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報