徳島新聞Web

10月19日(木曜日)
2 2
19日(木)
20日(金)
徳島ヴォルティス
徳島ヴォルティス、今季戦績好調 J1昇格の13年と比較   2017/9/2 11:06
このエントリーをはてなブックマークに追加

 徳島ヴォルティスがプレーオフでJ1初昇格を決めた2013年と今季の戦績を8月末時点で比較すると、得点、失点とも今季の方が13年よりも良く、攻守両面の好調ぶりが分かる。

 今季(30試合)の得点は50で、13年(31試合)の44と比べて6点多い。一方、失点は13年の37に対して今季は27と、10点も少ない。

 現在の得失点差は23で首位湘南や2位福岡の15を抑え、堂々のリーグトップ。30試合中、6試合で3点以上奪ったのに対し、3点以上失ったのは5月の岡山戦だけだった。

 今季目立つのは引き分けの多さ。13年は4試合だったが、今季は9試合に上り、勝ちきれなかった試合が多いことを物語っている。

 特にホームでは16戦のうち、7試合で引き分けている。昇格争いを勝ち抜くには、残り5試合となったホーム戦全てで勝ち点3を取る覚悟が必要だ。


総力戦で雪辱に挑む 徳島ヴォルティス、2日アウェー松本戦







日程・結果
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報