徳島新聞Web

12月15日(金曜日)
2 2
15日(金)
16日(土)
徳島ヴォルティス
ヴォルティス、仙台からMF佐々木を育成型期限付き移籍で獲得   2017/9/6 14:36
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴォルティス、仙台からMF佐々木を育成型期限付き移籍で獲得 サッカー・J2の徳島ヴォルティスは6日、J1ベガルタ仙台のMF佐々木匠(19)=宮城県出身=が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。背番号は30で、契約期間は2018年1月31日まで。

 佐々木は身長166センチ、体重59キロで、テクニックに優れた攻撃的な選手。巧みなドリブルを武器に、ラストパスやシュートを繰り出す。小学生から仙台の育成組織で過ごし、16年にトップ昇格を果たした。J1でリーグ戦通算7試合に出場。今季のルヴァン杯では、7試合に出場して3得点し、チームの決勝トーナメント進出に貢献。ニューヒーロー賞の得票で上位に入っている。
 
 U-15(15歳以下)から各年代別代表にも選ばれ、6月にはU-19代表として、トゥーロン国際大会にも出場した。

 佐々木は「徳島ヴォルティスのサッカーに魅力を感じ、このチームでプレーしたいと思い決断しました。J1昇格のために全力を尽くし、チームに貢献できるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」とコメントしている。

 
▼育成型期限付き移籍
 プロの若手選手(18~23歳)の試合出場機会を増やし、育成するために日本サッカー協会が設けた制度。日本国籍を持ち、下位リーグへ期限付き移籍(J1からJ2、J2からJ3など)する場合、リーグが設けた登録期間(今季は8月18日で終了)に関わらず、選手登録できる。
【写真説明】佐々木匠









日程・結果
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報