徳島新聞Web

10月18日(水曜日)
2 2
18日(水)
19日(木)
徳島ヴォルティス
新鋭 再浮上の鍵握る ヴォルティス、アウェー讃岐戦   2017/10/1 10:58
このエントリーをはてなブックマークに追加

新鋭 再浮上の鍵握る ヴォルティス、アウェー讃岐戦 J2で7位の徳島ヴォルティスは1日午後1時から、丸亀市のPikaraスタジアムで18位のカマタマーレ讃岐と対戦する。直近の5試合で白星がない徳島が勝利を収め、昇格プレーオフ圏の6位内に再浮上できるか。

 讃岐には7月中旬、昨季まで徳島でプレーしたブラジル人DFアレックスが加入。中盤が安定したことで8月の第26節からの5連勝を含め、7戦連続負けなしと波に乗っている。前回の対戦は1-1の引き分け。徳島のロドリゲス監督は「スタイルは当時と違う。しっかりつなぎ、攻めの選択肢が増えた」と警戒する。

 徳島は前節の町田戦でFW渡が得点王争いの単独2位に躍り出る2得点を挙げたが、引き分け止まり。特に序盤は攻守両面でエンジンのかかりの遅さが目立った。DF藤原は「試合で勝ててないことが、ミスはできないというプレッシャーになっている」と話す。

 打開の鍵は若手や新戦力にありそうだ。町田戦では前半、サイドのMF清原が得点機に絡んだほか、後半から移籍後初出場した19歳の佐々木が果敢なドリブル突破で好機をつくった。対戦相手の研究と対策が進む中で、新鋭の積極的なチャレンジが活路を開く可能性は十分ある。

 6試合ぶりの勝利に向け、今週の練習は実戦さながらの激しい内容になった。特にゴール前や1対1の場面は体を張った場面が続き、チームは疲労度も勘案して28日を休養日に変更した。

 シーズン20得点の大台が目前に迫る渡は「それよりも勝ち星」とフォア・ザ・チームを強調。佐々木は「もっとチャンスに絡み、勝利に貢献したい」と意気込んでいた。


ヴォルティス、FW渡大生が王手をかけた偉大な記録
ヴォルティス特別応援大使 上野優華さん「スタジアムでの直接の声援が力に」








日程・結果
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報