徳島新聞Web

12月15日(金曜日)
2 2
15日(金)
16日(土)
徳島ヴォルティス
ヴォルティス、7戦ぶり勝利へ一丸 7日ホームで群馬戦   2017/10/6 11:00
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴォルティス、7戦ぶり勝利へ一丸 7日ホームで群馬戦 J2徳島ヴォルティスは7日午後2時から、鳴門ポカリスエットスタジアムでザスパクサツ群馬と対戦する。前節の讃岐戦はスコアレスドローで6戦連続勝利なしと、徳島に試練が続く。中盤の要のMF杉本を累積警告で欠く中、攻撃で期待したいのは、2人で計30得点とリーグ屈指の破壊力を誇るツートップの奮起だ。

 5日の練習は相手ゴール前での決定力向上に主眼を置いた。左右に速く大きくボールを動かしながらクロスを入れたり、隙を見て中から崩したり。FW渡、山﨑のツートップも位置をうまく入れ替えながらシュートを決めた。

 19得点の渡は得点王争いで2位、山﨑も11得点で13位タイ。計30得点は群馬のチーム総得点23を上回る。数だけでなく、ホーム町田戦で同点に追いつく渡の2発など、チームの勝敗を直接左右したゴールも多い。2人のどちらかが得点した試合は9勝8分け3敗、2人とも得点した試合は5戦全勝だ。

 2人のアシスト数はそれぞれ6に上り、得点王争いに絡む上位20人の中でトップクラス。2人がアシストし合ったのは計7、互いのシュートのこぼれ球を決めた得点は計3と、最前線で光るコンビネーションが得点力を押し上げている。ポスト役も多い長身の山﨑は「(周りを生かすプレーは)自分の持ち味でもある。ぶれずにやっていきたい」と強調した。

 白星から1カ月以上遠ざかる状況は「勝ちきれなかった前半戦の一時期と似ている」(ロドリゲス監督)。そのときは渡、山﨑の2得点で勝った群馬とのアウェー戦を境に、チームは5試合を4勝1敗と復調を果たした。昇格プレーオフ争いに向けて今節の群馬戦も再浮上の転機となるか。ツートップに課せられる使命はこれまで以上に重い。
【写真説明】群馬戦に向けて練習に取り組む徳島の渡(右)と山﨑=徳島スポーツビレッジ










日程・結果
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報