徳島新聞Web

12月18日(月曜日)
2 2
18日(月)
19日(火)
徳島ヴォルティス
徳島ヴォルティス、7戦ぶり勝利 群馬に4-1 FW渡は今季20ゴール   2017/10/7 20:02
このエントリーをはてなブックマークに追加

徳島ヴォルティス、7戦ぶり勝利    群馬に4-1 FW渡は今季20ゴール サッカーJ2徳島ヴォルティスは7日、ホームの鳴門ポカリスエットスタジアムでザスパクサツ群馬と対戦し、4-1で勝った。7戦ぶりの白星で通算成績を15勝12分け9敗とし、勝ち点は57となった。横浜FCが敗れたため、暫定ながらJ1昇格プレーオフ圏の6位に浮上した。

 徳島は立ち上がりから積極的に攻め、前半2分、岩尾が相手ディフェンスラインの裏へ浮き球のパスを出すと、FW山﨑が左足で決めて先制。20分に群馬に追い付かれたが、すぐに反撃し、22分に右サイドの馬渡からのクロスを山﨑が頭で合わせて勝ち越した。25分には右サイドを駆け上がった馬渡のグラウンダーのクロスをFW渡が決めて突き放した。
 後半は、山﨑が負傷交代するなどし、リズムのつかめない時間帯もあったが、ロスタイムに途中出場の大﨑淳のミドルシュートでダメ押しした。


J2第36節 鳴門ポカリスエットスタジアム 観客3860人

徳島 4―1 群馬
   3―1
   1ー0

【得点】徳島 前半2分、22分 山﨑、前半25分 渡、後半50分 大﨑淳
    群馬 前半20分、岡田


▼FW渡がJ2で日本人3年ぶりのシーズン20得点
 渡が前半25分に得点し、今季20ゴールに到達した。日本人選手の20ゴールは、2014年に元日本代表FW大黒将志(京都)が記録して以来。渡が日本人選手で14人目となる。
【写真説明】前半22分、勝ち越し点となるヘディングシュートを決める山﨑=鳴門ポカリスエットスタジアム



ヴォルティスのDF馬渡がJ2,J3の通算出場が100試合に 「年間フルに戦い続け、J1昇格をつかみたい」








日程・結果
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報