徳島新聞Web

5月29日(日曜日)
2 2
28日(土)
29日(日)
徳島インディゴソックス
「応援されるチームに」 徳島IS、南新代表が抱負   2015/12/3 15:21
このエントリーをはてなブックマークに追加

「応援されるチームに」 徳島IS、南新代表が抱負 四国アイランドリーグplus(IL)の徳島インディゴソックス(IS)の新球団代表となった南啓介氏(33)と、球団代表を退いて四国ILの事務局長に就いた坂口裕昭氏(42)が2日、徳島市のとくぎんトモニプラザで就任会見を開いた。南新代表は「地域の人が応援したくなるようなチームづくりを行い、観客数増につなげたい」と抱負を語った。

 南新代表は、坂口氏が5年間で築いた経営基盤の継承と発展を基本方針に掲げ、経営の黒字化に向けて「野球以外のイベントを球場で開きたい」と述べた。選手に対しては「次のステージに進むため、今できることは何かを一人一人に考えさせたい」と、プロ意識の徹底を求めていく意向を示した。

 坂口新事務局長は「球団代表として地域を駆け回った経験をリーグ運営に役立てたい」と意気込みを語った。南新代表には「若さを発揮し、まだ達成していない黒字経営を実現させてほしい」とエールを送った。

 四国ILは活性化に向けて事務局機能の強化が不可欠と判断し、徳島ISの球団代表として手腕を発揮した坂口新事務局長にリーグ全体の運営を託すことにした。南新代表は徳島IS球団の筆頭オーナーのインターネットサイト運営会社「WoodStock(ウッドストック)」(東京)から迎えられた。
【写真説明】四国ILの坂口新事務局長(左)と握手を交わす徳島ISの南新代表=徳島市のとくぎんトモニプラザ








メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報