徳島新聞Web

10月23日(月曜日)
2 2
23日(月)
24日(火)
その他スポーツ
徳島県4選手世界一狙う 23日からサーフィン世界J選手権   2017/9/23 09:30
このエントリーをはてなブックマークに追加

徳島県4選手世界一狙う 23日からサーフィン世界J選手権 若手選手が競うサーフィンの国際大会「世界ジュニア選手権」が23日から10月1日まで9日間、宮崎県日向市のお倉ケ浜海岸で開かれる。東京五輪も視野に選抜された日本代表12人の中には徳島県人4選手が含まれ、世界一を目指して意欲を高めている。

 国際サーフィン連盟主催の大会で、アジアで行われるのは初めて。男女の18歳以下(U―18)と16歳以下(U―16)の計4クラスがあり、約50カ国から選手500人以上が参加する。

 男子U―18に出場する西優司(17)=海陽町大里=は6月のジュニアオープンを制覇。U―16の安室丈(16)=同町宍喰浦=は9月の南房総ジュニアプロで優勝し、上山キアヌ久里朱(16)=同=も同じ大会で2位と活躍している。
 女子U―18の川合美乃里(16)=徳島市出身、千葉県一宮町=は5月、東京五輪の会場となる同町で行われた国際大会で海外勢に競り勝って頂点に立った。

 4人はいずれも東京五輪に向けた日本サーフィン連盟の強化指定選手に選ばれている有望株。安室は「他国の同世代の選手も参加するが、意識せずに自分のサーフィンに集中し、トップになりたい」と力強く抱負を語った。









メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報