徳島新聞Web

12月15日(金曜日)
2 2
15日(金)
16日(土)
その他スポーツ
えひめ国体 徳島県勢の展望(下) ゴルフ 少年男子、入賞狙う    2017/9/28 10:56
このエントリーをはてなブックマークに追加

えひめ国体 徳島県勢の展望(下) ゴルフ 少年男子、入賞狙う  ◆ゴルフ(10月4~6日・松山市サンセットヒルズカントリークラブ)

 少年男子は8月の日本ジュニア選手権の15~17歳で3位入賞した杉原(生光学園高)、同12~14歳で9位の成松(小松島中)、成長著しい多田(上板中)が入賞に意欲を見せている。

 成年男子の尾崎(徳島ゴルフ練習場)古林(明和クリーン)木村(ノヴィル)はいずれも経験が豊富。女子の岡田(高松中央高、北島中出)白井(医療法人貴和会)黒岩(学校職員)は手堅いプレーを見せられるか。

 ◆レスリング(10月7~10日・宇和島市総合体育館)

 成年男子はグレコローマンスタイル130キロ級の曽我部(日亜化学)に4大会連続入賞の期待がかかる。

 フリースタイル97キロ級の藤田祐(神奈川大)、フリー86キロ級の藤山(三好市役所)も有力。少年男子はインターハイで8強入りしたグレコ120キロ級の田岡(池田高)、同96キロ級の竹内(穴吹高)、同84キロ級の門田(池田高)らがどこまで戦えるか。フリーでは74キロ級の續、同66キロ級の川原(以上池田高)、同60キロ級の住友(穴吹高)が調子を上げている。

 ◆バドミントン(10月6~9日・砥部町陶街道ゆとり公園体育館)

 少年男子に岡、西村(以上徳島商高)八田(香蘭高)が出場。いずれも攻守両面で細かいプレーができ、どんどん前に出て攻めることができるのが強み。1回戦で山口を破って、2回戦で強豪の埼玉に挑みたい。

 ◆銃剣道(10月7~9日・東温市ツインドーム重信)

 成年男子に陸上自衛隊第14施設隊の川原、前田、小﨑が出場。木銃と呼ばれる木製の用具で戦い、5分間で2本先取した方が勝つ。愛知との初戦に勝利し、弾みをつけたい。

 ◆相撲(10月6~8日・西予市乙亥の里乙亥会館)

 成年男子は188センチ、140キロの松村(アトム)、155キロの美馬(江原中教)、鋭い立ち合いが持ち味の龍田(日体大)が出場。予選では高知、茨城、優勝候補の愛媛と決勝トーナメント進出を懸けて争う。

 5人が出場する少年男子は強豪の長崎、四国ブロック大会で敗れている香川などと戦う。押し相撲が武器の上田(名西高)と中原(板野高)を2本柱に据え、予選突破に挑む。

 ◆新体操(10月1、2日・愛媛県総合運動公園体育館)

 少年女子の団体に富岡西高の豊栖、松坂、島野、島田、山脇が出場。個人と団体の得点を合わせて競う。9位に終わった全国高校総体の悔しさを晴らそうと、表現力に磨きをかけており、国体では入賞を狙う。

 ◆ソフトテニス(10月6~9日・今治市営スポーツパークテニスコートほか)

 成年女子と少年男女の3種別にエントリー。いずれも初戦から強豪との対戦となった。

 大学生5人の成年女子は木村(早大)生田(神戸松蔭女子学院大)の両後衛が引っ張る。実業団選手で構成する優勝候補の福島を相手に、どこまで食い下がれるか。少年男子は全国高校総体の団体でベスト16入りしたつるぎ高の4人が中心。1回戦で戦う千葉には磨いてきたサーブレシーブで優位に立ちたい。脇町高勢を軸にした少年女子は粘りが持ち味。初戦の新潟戦を突破すれば入賞が確定する。

 ◆バスケットボール(10月1~5日・今治市営中央体育館ほか)

 県単位出場の成年女子が初戦で強豪の静岡に挑む。身長で劣るため、近藤紗(徳島市体育振興公社)山岡(大久保病院)の両FWが放つ外角からのシュートの決定率が鍵となりそう。ガード阿部(石井町役場)の素早いパス回しで、インサイド戦でも優位に立ちたい。

 ◆陸上(10月6~10日・愛媛県総合運動公園陸上競技場)

 上位入賞が期待されるのが成年男子110メートル障害の大室(大塚製薬)。今季ランキングは3位で予選で敗退した8月の世界選手権の雪辱を期す。

 投てき陣は成年男子円盤投げの幸長(四国大)が引っ張る。少年男子共通円盤投げの三田(生光学園高)、少年女子共通円盤投げの髙木(鳴門渦潮高)とともに入賞をうかがう。

 日本選手権6位の成年男子400メートルの三原(甲南大)も楽しみな存在。出場者ランキングで上位につける成年女子800メートルの和田(大塚製薬)、全国高校総体で4位に入った少年女子共通三段跳びの道中(徳島市立高)にも入賞のチャンスはある。

 ◆ボクシング(10月5~9日・松前町松前公園体育館)

 少年男子が15年ぶりに出場権を獲得。ライト級の篠原(吉野川高)は、スピードを生かしたアウトボクシングで入賞を狙う。バンタム級は四国ブロック大会を制した久米川(吉野川高)が有望。持ち味のパワーを武器に接近戦で勝機をうかがう。ライトフライ級の宇野(徳島市立高)、フライ級の北原(吉野川高)は初戦突破が目標。

 ◆サッカー(10月1~5日・西条市ひうち陸上競技場ほか)

 少年男子は徳島ヴォルティスユースの選手中心の布陣。MF森田、松原を起点とし、中盤で細かくパスをつないで相手の守備陣を崩す得意の攻撃スタイルで得点機を見いだせるか。1回戦の青森戦では先制して波に乗りたい。

 女子は新堀(鳴門渦潮高)と古谷(鴨島一中)の2トップがゴールを狙う。守りの要はDF玉谷(徳島文理大)。8強入りを懸けて、初戦は鹿児島と対戦する。
【写真説明】ゴルフ少年男子で入賞を目指す杉原



えひめ国体 徳島県勢の展望(中) ライフル射撃 少年男女のV期待
えひめ国体 徳島県勢の展望(上) 馬術 成年男女 頂点狙う







メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報