徳島新聞Web

12月18日(月曜日)
2 2
17日(日)
18日(月)
その他スポーツ
堀之内(小松島西高勝浦)初V えひめ国体ビームライフル   2017/10/3 09:46
このエントリーをはてなブックマークに追加

堀之内(小松島西高勝浦)初V えひめ国体ビームライフル 第72回国民体育大会「愛顔つなぐえひめ国体」第3日は2日、愛媛県内などで行われた。徳島県勢は15競技に出場し、ライフル射撃の少年女子ビームライフル立射20発で堀之内愛(小松島西高勝浦)が初の栄冠に輝いた。会期前競技を合わせると、県勢の優勝はカヌーの2種目に続いて三つ目。

 愛媛県の内子町城の台公園体育館で行われた少年女子立射20発には22人が出場。11人ずつ2班に分かれてそれぞれが20発(1発10・9点満点)撃ち、合計得点で順位を決めた。2位との差は0・2点だった。堀之内は3日の少年女子立射40発にも出場する。
 
 成年女子エアライフル立射40発で湯浅菜月(ALSOK)が準優勝し、成年女子ライフル伏射60発の安達瑛香(県体協)、少年男子ビームライフル立射60発の河野大輔(小松島西高勝浦)がそろって8位入賞を果たした。
 
 新体操の少年女子が7位に入り、団体では今大会初めての入賞。ボウリングでは少年女子個人の森内菜摘(鳴門高)が6位入賞、成年女子個人の鹿山まり子(尾上和裁)が8位入賞を果たした。剣道の成年男子が1、2回戦を突破してベスト16入りを決めた。
 
 サッカーの女子と、テニスの少年女子はいずれも初戦で敗れ、ラグビーの成年男子、卓球の成年女子は予選で姿を消した。
 
 第4日の3日は7競技に県勢が出場する。
【写真説明】ビームライフル少年女子立射20発で初優勝した堀之内=愛媛県内子町城の台公園体育館









メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報