徳島新聞Web

11月22日(水曜日)
2 2
22日(水)
23日(木)
その他スポーツ
ロシアでサンボ世界選手権 田北さん(徳島・藍住)出場   2017/10/17 14:03
このエントリーをはてなブックマークに追加

ロシアでサンボ世界選手権 田北さん(徳島・藍住)出場 ロシアのソチで11月に開かれる組み技の格闘技「サンボ」の世界選手権に、藍住町出身の法政大柔道部主将、田北健太郎さん(22)=4年、徳島商業高校卒=が出場する。田北さんがサンボの世界選手権に出場するのは昨年に続いて2度目。初のメダル獲得を目指し、準備に励んでいる。

 田北さんは昨年1月、柔道強化の一環としてサンボの練習を取り入れた。1カ月後に初挑戦した全日本選手権で2位となり、ブルガリアで行われた世界選手権にも出場した。今年2月の全日本選手権で初優勝を果たし、今回も日本代表に選ばれた。

 田北さんの階級は90キロ級。世界選手権の出場選手数や組み合わせは発表されていないが、日本サンボ連盟によると、90キロ級は30~40人程度の争いになる見込み。11月10日に初戦から決勝まで行う。

 東京の日本体育大世田谷キャンパスで10月7~10日に日本代表選手団の強化合宿があり、田北さんはサンボの感覚に体を慣らした。膝十字固めなどサンボ特有の関節技を磨くなど調整に余念がない。

 昨年の世界選手権は1勝したものの、目標のメダルには届かなかった。「サンボ発祥の地で試合ができるのは光栄。2度目の世界選手権なので結果を求めたい」と意気込む。

 サンボは柔道とレスリングを合わせたようなロシア発祥の格闘技。専用の道着「サンボジャケット」を着て技を掛け合う。柔道とは異なり、絞め技が使えず、脚への関節技とタックルが認められている。
【写真説明】【上】強化合宿でサンボの関節技「膝十字固め」を磨く田北さん(左)=東京の日本体育大世田谷キャンパスレスリング場(日本サンボ連盟提供)【下】田北健太郎さん









メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報