徳島新聞Web

12月14日(木曜日)
2 2
14日(木)
15日(金)
その他スポーツ
柔道男子60キロ級で大島優(阿波中出)3位 全日本体重別   2017/11/12 10:33
このエントリーをはてなブックマークに追加

柔道男子60キロ級で大島優(阿波中出)3位 全日本体重別 来年の世界選手権(バクー)代表第1次選考会となる柔道の講道館杯全日本体重別選手権第1日は11日、千葉ポートアリーナで男女計7階級が行われ、男子60キロ級は宮之原誠也(国士舘大)が初めて制した。石井町出身の大島優磨(旭化成、阿波中―国士舘大出)は準決勝で宮之原に敗れて3位。弟の大島拓海(筑波大3年、阿波高出)は同階級の3回戦で敗れた。

 大島優は初戦の2回戦から3連勝。準決勝で敗れたが、3位決定戦に回って勝利した。

 73キロ級で、ユニバーシアード優勝の立川新(東海大)が準決勝で66キロ級五輪2大会連続銅メダルの海老沼匡(パーク24)を破り、2連覇につなげた。海老沼は3位。66キロ級は丸山城志郎(ミキハウス)が2度目の制覇。81キロ級は佐々木健志(筑波大)が初優勝した。

 女子は、78キロ超級でユニバーシアード大会無差別級覇者で20歳の井上あかり(環太平洋大)が昨年2位の素根輝(福岡・南筑高)に決勝で一本勝ちし、初優勝した。

 70キロ級で新添左季(山梨学院大)が2連覇し、78キロ級は浜田尚里(自衛隊)が2年ぶり2度目の優勝を決めた。
【写真説明】大島優磨選手









メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報