徳島新聞Web

1月21日(日曜日)
2 2
21日(日)
22日(月)
とくしまマラソン
とくしまマラソンにアイザクさん出場 長野で2度優勝   2016/11/17 11:16
このエントリーをはてなブックマークに追加

とくしまマラソンにアイザクさん出場 長野で2度優勝 来年3月26日の「とくしまマラソン2017」に、2時間7分16秒の自己記録を持つケニアのアイザク・マチャリア・ワンジョイさん(35)が出場する。「タイムにはこだわらず、日本のマラソン文化を体感したい」と本番を心待ちにしている。

 アイザクさんは05、09年の長野マラソンで優勝し、福岡国際マラソンでペースメーカーを務めたこともある。自己ベストは08年のドバイマラソンで樹立した。本年度は12月の防府読売、3月のびわ湖毎日の両マラソンに出場する。

 楽しみながら走る日本の市民マラソンに興味があり、岐阜県でトレーニング施設を運営する知人の柳田主税さん(32)=阿南市内原町出身=の紹介で、とくしまマラソン出場を決めた。

 アイザクさんはケニアの高校生選手の指導も行っており、強化合宿のために10月下旬に来日した。帰国を前に、柳田さんや教え子の高校生と徳島を訪れ、16日には徳島市陸上競技場を拠点とする市民陸上クラブ「弥生陸上部」の練習に参加。軽めのランニングの後、市民ランナーに交じり、インターバル走を行った。

 大きなストライドで軽やかに走るアイザクさんの姿を見て、弥生陸上部のメンバーは「走りが静か」「前への推進力がすごい」と驚いていた。練習後、アイザクさんは「とくしまマラソンでは一緒に走る市民ランナーに刺激を与えたい」と笑顔で話した。
【写真説明】市民ランナーに交じって走り込むアイザクさん(中央)=徳島市陸上競技場








メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報