徳島新聞Web

9月26日(火曜日)
2 2
26日(火)
27日(水)
リオ・パラ五輪(徳島県関係)
松友・高橋ペア凱旋パレード 松友選手の地元・徳島・藍住町で   2016/9/27 14:30
このエントリーをはてなブックマークに追加

松友・高橋ペア凱旋パレード 松友選手の地元・徳島・藍住町で リオデジャネイロ五輪のバドミントン女子ダブルスで金メダルを獲得した松友美佐紀(24)、高橋礼華(あやか)(26)両選手の凱旋(がいせん)パレードが27日午前、松友選手の出身地・藍住町で行われた。沿道には町民ら約1万人(町発表)が集まり、「郷土のヒロイン」を祝福した。

 パレードは午前11時すぎから、大型量販店「ゆめタウン徳島」前の県道約800メートルの区間を往復する形で約50分間行われた。

 阿波踊りの四国大学連の先導で、オープンカーに乗った両選手が姿を見せると、大きな拍手と歓声が湧き起こり、両選手はにこやかに手を振って応えた。旗を振って歓声を上げる園児らに松友選手が笑顔で金メダルを見せる場面もあった。

 パレードに先立ち、両選手は町役場を訪れ、松友選手は石川智能町長から第1号となる町民栄誉賞を授与された。高橋選手には感謝状が贈られた。

 松友選手は「非常に光栄。町民のみなさんをはじめ、多くの人に支えられた結果でうれしい。またいいニュースを届けられるよう、2人で頑張りたい」とお礼の言葉を述べた。

 両選手は午後、町民体育館である金メダル報告会などに臨む。
【写真説明】金メダルを手に笑顔を見せる松友(手前右)、高橋(同左)両選手=午前11時40分、藍住町奥野



フィスブックページに動画
ツイッターに動画







メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報