徳島新聞Web

10月19日(木曜日)
2 2
19日(木)
20日(金)
鳴潮
9月3日付
このエントリーをはてなブックマークに追加

 民進党の新代表に選出された前原誠司元外相は、党の野球チームで主将を務めている。チーム名は「民進カチマス」という

 しゃれたつもりでも、笑うに笑えない。低迷する党らしいといえばらしい。いずれにしても、ぱっとしない名前だと思う。昨年11月の初陣では、女子中学生相手に惨敗した

 本業の方も「カチマス」といかない民進である。東京都議選では、政権批判の受け皿になり得なかった。今回が「ラストチャンス」と勢い込んでも、まるで国民の関心が集まらなかった代表選を見れば、この先もいばらの道が続くと考えていい

 「自民党しか選択肢がない。あるいは形が分からない何かに期待が集まっている。危うい政治状況」との現状認識に異論はない。けれども前原さん、何をどうするつもりですか

 「All for All(みんながみんなのために)」。競争重視の「アベノミクス」に対抗して、もっと優しい社会を志向しているようだが、具体的なプランを語ってもらわないと次の姿が見えない。さらに挙党態勢をどう築くか

 考えの幅は広いが、ここ一番では結束し、脱原発論者さえも閣僚に送り込む。自民のしたたかさを少しは見習わないと、政権交代はおぼつかない。偽メール問題で辞任して以来の再登板だ。なめた苦杯の数々を、一つ一つ思い出すときである。

メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報