徳島新聞Web

10月19日(木曜日)
2 2
19日(木)
20日(金)
鳴潮
9月5日付
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ある中学教師を知っている。こういう言い方は失礼かもしれないが、生徒の心をつかむのがうまい。子どもたちに正面からぶつかる情熱家。日々、真剣勝負

 球技から武道までさまざまな部活を担当してきた。いずれも素人なのに、ことごとく県大会で華々しい成績を残している。よほど生徒に信頼されているに違いない、と勝手に推測している

 その彼に今、何が一番問題か、と尋ねてみた。間髪入れず「毎日、SNSとの戦いですよ」。フェイスブックにツイッター、無料通信アプリのLINE(ライン)。おぼれている生徒が大勢いる

 聞いて驚いたという。「先生、私500人も友達がおるんじょ」。その子にとっては、本当の友達と仮想空間の友達との間に、まるで違いがないようなのである。人と人との関係が薄っぺらになっている。受験勉強の最中も、延々と返信し続けなければならない友達とは何だろう

 「ひと昔前は教師に向かってくる生徒がいた。けれども、その方が対処しやすかった。今は、いじめも仮想空間で起き、把握しづらい。分かったころには大ごとになっている」

 県教委の調査では、携帯電話を持つ子は年々増えており、小学6年生で半数を超す。中学2年で6割、高校になれば、ほぼ全員。この上なく便利で、著しく危うい道具が、子どもの手の中にある。

メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報