徳島新聞Web

12月18日(月曜日)
2 2
17日(日)
18日(月)
鳴潮
10月4日付
このエントリーをはてなブックマークに追加

 現行の成文憲法の中で最古となるアメリカ合衆国憲法は1788年に発効した。不都合な点があれば、修正条項を順次追加していく方式をとる
 
 3年後に加えられた最初の10の修正条項は、個人の基本的権利とその法的保護を規定し、「権利章典」と総称される。トランプ大統領がたびたび尊重を明言する憲法修正2条は、「国民の武装の権利」を認めている
 
 <規律ある民兵は、自由な国家の安全にとって必要であるから、人民が武器を保有しまた携帯する権利は、これを侵してはならない>。これが銃所持を許可する根拠となっている
 
 ラスベガスの銃乱射事件では、分かっているだけで59人が亡くなり、500人以上が負傷した。たった一人の容疑者が、ほんのわずかの間に、これほど多くの人に米国史上最悪の銃弾の雨を注いだのである。それでも現政権にとって、銃規制の議論は「時期尚早だ」という
 
 趣味はカジノ遊びやクルージング。温和な資産家。64歳にもなって凶行に及んだ動機は謎だが、乱射事件が何度繰り返されても銃の規制が進まない米社会の病の深さも底が知れない
 
 宿泊していたホテルのスイートルームと自宅からは40丁を超す銃、大量の銃弾、爆発物が見つかった。犯行は周到に計画されていた。望めば機関銃すら手に入る自由を、自由と呼んでいいものだろうか。 

メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報