特集「第九フラッシュモブ 鳴門初演100年をPR」

融和の願い世界へ 広がる心のハーモニー

 1824年、ベートーベンが最後の交響曲「第九」を世に送り出した。ヨーロッパがフランス革命、ナポレオンの台頭、神聖ローマ帝国の解体という激動の時代を迎えていた頃だった。

「全ての人々は兄弟になる」「この口づけを全世界に」-。不安定な社会情勢を映し出したのか、第4楽章「歓喜の歌」には、人類愛や世界融和のメッセージが込められた。

以来、第九はさまざまな局面で登場した。1918年、第1次世界大戦の終戦を受け、ドイツで開かれた「平和と自由の祭典」、89年12月25日、ベルリンの壁崩壊を祝う記念コンサート、98年の長野五輪では小澤征爾氏の指揮で5大陸同時中継が実現し、歓喜の歌が地球を包んだ。

この第九を日本にもたらしたのは第1次大戦だった。

18年6月1日、鳴門市大麻町にあった板東俘虜(ふりょ)収容所に第九が響いた。演奏し、合唱したのは中国・青島(チンタオ)で日本に敗れたドイツ兵たち。後に、これが第九のアジア初演と分かった。

収容所では松江豊寿(とよひさ)所長(1872~1956年、福島県会津若松市出身)による寛大で人道的な運営方針のもと、音楽以外の文化活動や生産活動も収容所内外で認められた。これにより敵国にもかかわらず、音楽指導など、住民と捕虜との交流も生まれた。こうした奇跡のような史実が板東に残った。

第九の誕生から192年、アジア初演から間もなく100年。人類は進歩したのだろうか。ベートーベンが曲に託した思いを、しっかり受け止められたのだろうか。今も地球上のどこかでテロや紛争が続く中、板東の史実を世界中に届けたい。節目を前に、私たちはそう考える。

2016年9月13日、徳島県や徳島新聞社などは、公共の場で第九の演奏を突然始める「フラッシュモブ」と呼ばれるサプライズ演出を東京の2カ所で行った。合唱団には鳴門の人も、会津の人も加わった。

演奏前、指揮者が合唱団に声を掛けた。「ベートーベンが願った通り、みんなが心を一つにして歌いましょう」。周囲では板東の史実を伝える号外も配られた。「さあ、ご一緒に」。指揮者の呼び掛けに「ラララ」と応じる人の姿も。心のこもったハーモニーが一人、また一人と広がった。(編集委員・門田誠)

第九のアジア初演100周年を前に、声を一つに「歓喜の歌」を響かせる合唱団=2016年9月13日、東京都世田谷区の二子玉川ライズ

第九のアジア初演100周年を前に、声を一つに「歓喜の歌」を響かせる合唱団=2016年9月13日、東京都世田谷区の二子玉川ライズ

鳴門の第九100年PR 東京でフラッシュモブ    2016/9/13

二子玉川での第九フラッシュモブの主な出演者

指揮・平井秀明

演奏・東京アカデミック管弦楽団

合唱・室内合唱団「日唱」、平井秀明オペラ合唱団、鳴門「第九」を歌う会、会津第九の会

フラッシュモブを指揮 平井秀明さんインタビュー

第九フラッシュモブ 二子玉川会場 指揮者 20160913 吉本

 魂をわしづかみ 演奏者も聴衆も一体

東京都世田谷区の複合施設「二子玉川ライズ」での第九フラッシュモブを指揮した平井秀明さんら関係者に、第九の魅力などについて話を聞いた。(聞き手=門田誠)

―第九が持つ力をどう感じるか。

当時としては世界が仰天するような革新的な内容と規模の交響曲をベートーベンが発表した。生涯をかけ、いくつもの大曲を書き、行き着いた曲が第九。聴く人、演奏する人、歌う人の魂をわしづかみにして放さない。そういう魔力がある。

海外では、第九はとても神聖で特別な曲。70、80歳、巨匠と呼ばれるようになり指揮をする。海外の有名なオーケストラでも何年に1回演奏するという宝のようなもの。日本のように頻繁に演奏されるのは非常に特殊だ。

合唱にとって難しい曲で、だからこそエベレストに登って、頂上でないと見られない景色を共有できるという特別な喜びがある。指揮者にとっても同じ。オーケストラも合唱も聴衆も、全部がつながる、心が一つになる瞬間を味わえる特別なものがある。

演奏時間が70分という大作で、ベートーベンの生涯を縮図にしているような気がする。混迷の時代だったり、立ちはだかる壁だったり、耳が聴こえなくなる苦悩だったり。第1楽章にはものすごい葛藤や苦悩が感じられ、その後、安らぎや楽園が近づいてきているようでありながら、第4楽章で「これでいいのか」と、また問題が提起される。そして最後に皆が一つになる。第九にはドラマがある。

苦しくて苦しくて、もう頂上まで行くのはやめようか。そこで力を振り絞って皆で助け合って頂上に一人残らず着いたという感じ。次も登れるかというと、そんな易しくない。そういう点も人をとりこにする要因かもしれない。日本人にとっては、この耐え忍ぶような精神性が合っているのかもしれない。

―ベートーベンは第九にどんなメッセージを込めたのか。

子どもって国籍や言葉が違っていても、すぐ友達になって遊ぶ。しかし、大人にとっては、握手をするとか、抱擁するとか、あいさつを交わすとか、簡単そうで簡単でない。人間の愚かな部分というか、欲というか。ベートーベンはそれに立ち向かわせようと「全ての人は兄弟になる」と語り掛けているような感じがある。

つまらない話だが、何百人の合唱団で第九を歌うときに、ささいなことで団員同士がもめることがある。上手い下手とか、立ち位置とか。「何のために歌うのか」。そう問い掛けるようにしている。

―日本を代表する音楽家に囲まれて育った。

1歳のときに、父の難しい歌曲を覚えて歌った音源が残っている。ちょっと楽器に触れると、誰かが聴いていて、すぐレッスンになったり、食事のときでも、さっきの音程はおかしかったという話になったりする。そんな中でだんだん音楽家になりたいという思いが自然と募った。

―指揮者という仕事の醍醐味は。

もともと父のようにチェリストになりたいという強い思いと夢を持っていたけれど、振り返ると、昔から大勢の人の中でリーダーシップを取りながら、何かを作りあげるということが好きだった。指揮者はまさにそういう仕事だった。

指揮者には楽譜を読み込む力と指導力が必要となる。自分で音を出すわけでなく、非常に細かい地道な準備作業が続く。全体の9割が準備といっていい。

―楽譜を読み込むとは。

楽譜を見ると、全ての楽器が同時に鳴る音が頭の中で聞こえてくる。どういう音として聴きたいかを考える。色に例えると、赤なのか紫なのか緑なのか。温度はちょっと冷たい感じなのか、質感は軟らかいのか、でも芯は硬いのか。音符と音符の間、休符の意味は何なのか。

自分でも作曲をするので分かるが、思っていることのほんの一部しか書き表せない。いろんなイメージをつくって、どういう意図を作曲家が込めたのかをオーケストラや合唱団に求めないといけない。非常に難しく、一生勉強。ずっとエベレストの頂上を目指しているような仕事だ。

―平井さんは2017年1月13日、ニューヨークの国連本部・総会議場で第九を指揮する。各国から集う合唱団が声を合わせる。

祖父が作曲家、父がチェリストという音楽一家に生まれ、音楽の道の厳しさを知るがゆえに、祖父母や両親はプロになる実力はつけなさいと言うものの、音楽家にはなるなと反対した。自分の中で大きな葛藤があった。音楽の道を泣く泣く諦めようとし、国連に就職して、国際平和の仕事に携わるという夢を持つようになった。

国際関係論を学ぶため、ニューヨークに留学した。音楽をする間もなく、勉強に没頭した。とても胸が苦しくなり、それで分かった。やっぱり音楽家になりたいんだ、と。

大学院から音楽を専攻させてほしいと両親を説得しようと思い、まずは音楽の実績を積もうと、大学4年間は帰国せず、貴重な休みは全て音楽活動につぎ込んだ。オーケストラを結成したり、音楽祭を立ち上げたり、いろんな活動をした。それで許しが出て、大学院も受かり、初めて音楽だけをやっていい環境を手に入れた。

約20年がたち、カーネギーホールで第九を指揮する機会を得て、それがきっかけとなり、ニューヨーク祝祭管弦楽団の音楽監督に就任することが決まった。

平和活動をという思いは持ち続けていた。音楽家として何ができるか。父の恩師でもあり、自由と平和のために活動したスペイン出身の世界的チェリストで指揮者、作曲家のパブロ・カザルス(1876~1973年)が国連平和賞受賞の折に委嘱されて作曲した国連賛歌も、ベートーベンの第九も人類愛という共通のメッセージがある。ぜひ組み合わせて、いろいろな国の人が参加して歌うというのを国連側に提案し、実現することになった。

―徳島の人にメッセージを。

100年前の板東の史実が今も綿々と受け継がれている。これは運命のようなもの。ドイツ兵捕虜は第九の前にもいろんな曲を演奏しているが、第九に至るまでに徳島の人との交流、絆がどんどん深まり、その土台があって、人類愛をテーマにした第九を歌うことにしたのかもしれない。大いに世界に発信してほしい。

%e5%b9%b3%e4%ba%95

<プロフィール>

ひらい・ひであき 祖父が童謡「とんぼのめがね」などで知られる作曲家の平井康三郎さん、父がチェリストの平井丈一朗さんという音楽一家で育った。

米国ロチェスター大政治学科卒、イーストマン音楽院、ピーボディ音楽院、ヤナーチェク音楽院などで指揮法を学ぶ。1997年、フラデッツ・クラーロベ国際指揮者コンクール(チェコ)で第1位。オーケストラやオペラの指揮で活躍するほか、自作オペラ3部作の「かぐや姫」「小町百年の恋」「白狐」は国内外で30回以上の再演を重ねている。2010年からチェコ・ヴィルトゥオージ室内管弦楽団の首席指揮者。12年、ウィーン国立歌劇場、13年、カーネギーホールで指揮デビュー。14年、ニューヨーク祝祭管弦楽団音楽監督に就任。

徳島との関係も深く、12年6月には、鳴門の第31回第九演奏会でタクトを振った。それ以前から徳島交響楽団の定期演奏会や自作オペラ「かぐや姫」の公演などで来県している。東京都。46歳。(プロフィールは2016年9月時点)

⇨次ページ 「第九」への思い 関係者に聞く

スポンサーリンク