特集 熊本地震

特集 熊本地震

熊本地震の徳島県関係ニュースをまとめました。

<震災1カ月、本紙記者が再び被災地へ>

熊本地震、支援の手なお不足 本紙記者がボランティアに参加  2016/5/16

本紙記者・益城町ルポ 熊本地震1カ月   2016/5/15

【紙面未掲載写真】

倒壊した家屋近くに落ち得ていた時計。前震が起きた午後9時26分で止まったままだ=熊本県益城町木山

倒壊した家屋近くに落ち得ていた時計。前震が起きた午後9時26分で止まったままだ=熊本県益城町木山

地震で倒壊した住宅。1カ月たっても手つかずのままだ=熊本県益城町宮園

地震で倒壊した住宅。1カ月たっても手つかずのままだ=熊本県益城町宮園

2人が亡くなった家に花を供える遺族=熊本県益城町木山

2人が亡くなった家に花を供える遺族=熊本県益城町木山

全半壊した住宅。家財道具を運び出したが、今後の見通しは立っていない=熊本県益城町宮園

全半壊した住宅。家財道具を運び出したが、今後の見通しは立っていない=熊本県益城町宮園

熊本地震1カ月 徳島から支援次々 483人派遣、義援金は2583万円 2016/5/14

<徳島県関連の主なニュース>

熊本地震被災地支援へマルシェ+音楽ライブ 徳島市で慈善イベント   (2016/5/19)

熊本地震で難逃れた県出身被災学生ら、徳島駅前で募金呼び掛け  (2016/4/28)

県人学生危機一髪、倒壊アパート居住の山口さん(東海大4年・藍住町出身) (2016/4/28)

熊本地震、危険度判定士を派遣 徳島県が新たに6人   (2016/4/22 14:04)

熊本地震、徳島県内大学生ら支援の輪 SNS使い物資集め (2016/4/22 09:56)

徳島駅前で支援基金へ寄付募る 県と県内のNPO法人 (2016/4/21 14:07)

徳島・三好の中央構造線で18日にM3・1 「頻発ならM6級も」専門家指摘 ( 2016/4/20 14:06)

徳島DPATを派遣 県、営繕・住宅課職員も   (2016/4/19 14:07

熊本地震の避難世帯に見舞金30万円 県が支援制度 (2016/4/19 14:06)

熊本から上勝に避難 藤本さん一家が妻の実家へ 2016/4/19 14:05)

とくしまマラソン、チャリティー大会に 参加者らから寄付募る( 2016/4/18 14:06)

熊本地震、徳島県支援チーム懸命の活動 長引く避難住民疲弊   (2016/4/18 14:05

「今を大事に生きて」 寂聴さん法話、被災地へ思いはせ   (2016/4/18 09:57

熊本地震の被災地へ、毛布1000枚発送 日赤徳島県支部   (2016/4/17 10:11

徳島県消防援助隊が出発 熊本地震の被災地で救助・救急活動   (2016/4/16 14:08

内陸型地震、徳島県内でもリスク 専門家、油断禁物と警鐘   (2016/4/16 09:52

熊本地震の被災者を支援 徳島県、精神医療チーム派遣   (2016/4/16 09:51

未明から熊本などで地震続発、徳島でも揺れ   (2016/4/16 08:51

熊本地震 徳島市など震度2   (2016/4/15 01:18

【本紙記者が現地で取材】

ルポ熊本地震・本紙記者が見た被災地(上) 建物被害(2016/4/19)

ルポ熊本地震・本紙記者が見た被災地(中) 被災者支援(2016/4/20)

ルポ熊本地震・本紙記者が見た被災地(下) 道路寸断(2016/4/21)

熊本地震 徳島新聞記者現地ルポ(2016/4/16)

<徳島県関連の写真特集>

徳島新聞記者が熊本地震の被災地で取材し、紙面に掲載しきれなかった写真を公開します。

■徳島県の保健師が益城町で避難者の心身ケア

2度の激震によって甚大な倒壊被害が出た熊本県益城町の避難所で22日、徳島県派遣の保健師チーム(3人)が活動した。長引く避難生活に、被災者の疲労の色は濃い。保健師は震災関連死を防ごうと、避難者に寄り添い、心身のケアに取り組んだ。

車で避難生活を送る高齢者の血圧を測る保健師㊧=熊本県益城町の飯野小

車で避難生活を送る高齢者の血圧を測る保健師㊧=熊本県益城町の飯野小

車中に寝泊まりしている避難者にエコノミークラス症候群への注意を呼び掛ける保健師㊨=熊本県益城町の飯野小

車中に寝泊まりしている避難者にエコノミークラス症候群への注意を呼び掛ける保健師㊨=熊本県益城町の飯野小

 避難者にエコノミークラス症候群の予防法を説明する徳島県の保健師㊧=熊本県益城町の飯野小学校


避難者にエコノミークラス症候群の予防法を説明する徳島県の保健師㊧=熊本県益城町の飯野小学校

避難者から必要な薬や体調を確かめる徳島県の保健師㊧=熊本県益城町の飯野小学校

避難者から必要な薬や体調を確かめる徳島県の保健師㊧=熊本県益城町の飯野小学校

■徳島県の緊急援助隊が南阿蘇村の土砂崩れ現場で捜索活動(4月20日)
徳島県の緊急消防援助隊が支援に入った大規模な土砂崩れの創作現場=20日午後4時40分、熊本県南阿蘇村河陽地区

徳島県の緊急消防援助隊が支援に入った大規模な土砂崩れの捜索現場=20日、熊本県南阿蘇村河陽地区

徳島県の緊急消防援助隊が支援に入った大規模な土砂崩れの創作現場=20日午後5時ごろ、熊本県南阿蘇村河陽地区

徳島県の緊急消防援助隊が支援に入った大規模な土砂崩れの捜索現場=20日、熊本県南阿蘇村河陽地区

徳島県の緊急消防援助隊が支援に入った大規模な土砂崩れの創作現場=20日午後5時ごろ、熊本県南阿蘇村河陽地区

徳島県の緊急消防援助隊が支援に入った大規模な土砂崩れの捜索現場=20日、熊本県南阿蘇村河陽地区

場で捜索活動をする徳島県の緊急消防援助隊員=20日午後5時40分ごろ、熊本県南阿蘇村河陽地区

大規模な土砂崩れ現場で創作活動をする徳島県の緊急消防援助隊員=20日、熊本県南阿蘇村河陽地区

大規模な土砂崩れの現場で捜索活動をする徳島県の緊急消防援助隊員=20日午後5時40分ごろ、熊本県南阿蘇村河陽地区

大規模な土砂崩れの現場で捜索活動をした徳島県の緊急消防援助隊員=20日、熊本県南阿蘇村河陽地区

<義援金の受け付け>

▶徳島新聞社・社会文化事業団

徳島新聞社と徳島新聞社会文化事業団は、被災者への義援金を徳島市の新聞放送会館で受け付けている。6月30日まで。義援金は日本赤十字社徳島県支部を通じて被災地に送られる。新聞放送会館1階受付で平日午前9時半から午後5時まで受け付ける。問い合わせは徳島新聞社事業部<電088(655)7331>か日赤県支部<電088(631)6000>。

被災者救援募金

<日本赤十字社徳島県支部>

勝利を目指せ鳴門  2016夏の甲子園  
鳴門3-2で佐久長聖(長野)下し2回戦へ 第98回全国高校野球選手権大会は7日、49校が参加して甲子園球場で開幕した。5年連続11...

<熊本日日新聞ほかによる義援金募集>
http://kumanichi.com/syakoku/index.shtml

<熊本県による義援金募集>
https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_15416.html

最新ニュースは徳島新聞WEB

【九州の新聞社リンク】

熊本日日新聞社

西日本新聞社

大分合同新聞社

佐賀新聞

宮崎日日新聞

南日本新聞社(鹿児島)

【徳島新聞 連載「震災と女性~徳島の備えを問う】

徳島新聞記者が2015年に東日本大震災の被災地で取材し、女性の視点で被災時の困難やその解決法を探りました。(2015年9~10月掲載)

避難所で苦難―東日本大震災から学ぶ

震災と女性(1)性被害

震災と女性(2)性別分担意識

震災と女性(3)母子・妊婦

震災と女性(4) DV

震災と女性(5) 対策

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク