女優・三木くるみさん(徳島市出身)CHALLENGE!! 2017

三木くるみさん=東京駅

「とと姉ちゃん」出演 大きな財産

女優を目指して上京し5年、昨年(2016年)は飛躍の1年でした。子どものころから憧れていたNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」に出演できたのは、いちばん大きな財産です。

「とと姉ちゃん」は、スタッフとキャストが思い合う、和気あいあいとしたすてきな現場。大勢の中でいかに自分らしさを出せるか、せりふがなくても表情で存在感を示すことを考え、自分の成長を実感できました。

三木くるみさん=東京駅

出演シーンが放送されると、家族や友達からたくさん反響があり、影響力の大きさに驚きました。地元の皆さんに応援してもらえることが本当にうれしい。「とと姉ちゃん」を通じて成長した姿を見せることができ、少し恩返しができたかなと思っています。
3歳からダンスを始め、パフォーマンスを通して観客が笑顔になることに喜びを感じました。「大好きなテレビドラマなら、より多くの人に喜んでもらえる」と、女優を目指しました。

「古里・徳島の作品に出たい」

今年も連続ドラマの仕事が進行中。皆さんに見てもらうのが待ち遠しいです。
女優は、自分とは全く違う人になること。自分でありながら、その役の間だけ全然違う人として生きられることが演技の醍醐(だいご)味なので、自分とかけ離れた役に挑戦してみたいですね。
誰かに憧れてもらえるような女優を目指して、いつか徳島を舞台にした作品に出るのが夢です。徳島の皆さんにもっと見てもらえるように目の前の仕事を一つ一つ頑張っていくので、応援よろしくお願いします。

みき・くるみ 1992年、徳島市生まれ。桐朋学園芸術短大演劇専攻科卒業。「ファースト・クラス」(2014年)、「アンフェア ダブル・ミーニング」(15年)など人気ドラマに出演。2016年、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で、主人公が経営する出版社の社員役を演じた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.