そらなさゆり釣り散歩@徳島 2016年12月号

 徳島県南への旅 鞆浦で大敷網の体験

気ぜわしい年末を迎え、徳島の皆さんはいかがお過ごしでしょうか。私は珍しく風邪をひいてしまい、仕事以外は外出せず、自宅療養をしています。ああ、釣りに行きたいな。そのためにも早く元気にならないと。
さて、2016年も最後の日。今年もこうしてコラムの連載を担当させていただけたことをありがたく思います。時たま、会員制交流サイト(SNS)などで「コラム楽しみにしています」というメッセージを頂き、とても励みになっています。来年もますます徳島のことを学び、いろんな場所を訪れ、すてきな出会いがあればいいな、と思っています。

12月も徳島を訪れることができました。「そらなさゆりのべっぴん一本釣り」(ケーブルテレビ徳島)の撮影で、今回は美波町など県南を旅しました。最初に行ったのは海陽町。のんびりした、とても静かな町でした。海中が見られる船に乗り、熱帯魚やサンゴを見学。海の中って、どうしてこんなに癒やされるんでしょう。小さな熱帯魚たちは大きな船に興味津々で、追い掛けてくる姿にほっこりしてしまいました。

鞆浦では、大敷網という定置網漁の体験をさせていただきました。タチウオやカンパチをメインに大きなアカヤガラやかわいいカワハギもいました。「あっ、○○」と魚の名前を言うと、漁師さんが「お姉ちゃん、よく知ってるねえ。普通は知らないよ」と褒めてくれました。漁師さんって屈強なイメージがあるけれど、鞆浦漁協の漁師さんたちはとっても気さくで優しい方ばかりでした。

牟岐町の出羽島にも行きました。ぐるりと町を散策し、昔マグロ漁をしていた方から興味深いお話を聞いたり、ふかせ釣りをしている方と一緒に釣らせてもらったりしました。水質がとても良いので堤防から大きなアオリイカが見えたり、イワシの魚群がやってきたりして大興奮。徳島の海の豊かさを改めて感じました。

今回も自然豊かな景色とおいしい食べ物、そして徳島の方たちの温かさに触れられた思い出深い旅となりました。「そらなさゆりのべっぴん一本釣り」徳島の皆さんにも番組を見ていただけるとうれしいです。

今年一年、ありがとうございました。また来年も釣りざんまいな年にしたいと思います。徳島の皆さん、よい新年をお迎えください。そして来年もよろしくお願いします。

(徳島新聞2016年12月31日朝刊掲載)

そらなさゆり 釣り散歩 バックナンバーはこちらから

そらなさゆりオフィシャルホームページ

そらなさゆりfacebook

釣りアイドルそらなさゆりオフィシャルブログ

そらなさゆり公式ツイッター「そらなさゆり@釣りが生業の人」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.