写楽歌麿とその時代 6 鳥文斎栄之「青楼美撰合 初買座敷之図 扇屋内瀧川」

喜多川歌麿の美人大首絵が江戸で大ブームとなる中、歌麿のライバルとして存在感を見せたのが鳥文斎栄之(ちょうぶんさいえいし)(1756~1829年)だった。今回取り上げるのは、代表作の「青楼美撰合(せいろうびえらびあわせ)」(3枚組)のうち、「初買座敷之図(はつかいざしきのず) 扇屋内瀧川(おうぎやないたきがわ)」。

気品ある女性美 追求

鳥文斎栄之「青楼美撰合 初買座敷之図 扇屋内瀧川」(錦絵大判雲母摺り、寛政8~9年ごろ、縦54・5センチ×横43・0センチ、中右コレクション)

喜多川歌麿の美人大首絵が江戸で大ブームとなる中、歌麿のライバルとして存在感を見せたのが鳥文斎栄之(ちょうぶんさいえいし)(1756~1829年)だった。今回取り上げるのは、代表作の「青楼美撰合(せいろうびえらびあわせ)」(3枚組)のうち、「初買座敷之図(はつかいざしきのず) 扇屋内瀧川(おうぎやないたきがわ)」。

吉原の遊郭「扇屋」の花魁(おいらん)・瀧川をモデルに描き、栄之独自の画風が顕著に表れた一作だ。従来の全身美人画よりも細身の立ち美人を描き、緻密な構図と優雅な配色で、気品ある理想の女性美を追求した。にじみ出るように内面の官能美を掘り下げた歌麿とは、対照的だ。

旗本でありながら34歳で長男に家督を譲り、絵師に転身した栄之。武家出身らしく格式を尊び、無名の遊女も描いた歌麿に対して、花魁などの格式ある高級遊女しか描かなかった。また、歌麿発案の高価な雲母摺(きらず)りを取り入れる一方、歌麿が得意とした大首絵ではなく、あくまで全身像にこだわった。

国際浮世絵学会の中右瑛(なかうえい)常任理事は、栄之について「優秀な門人を多数輩出し、人を育てる才能もあった。同じく弟子の多かった歌麿と張り合っていたようだ」と話している。

浮世絵展「写楽・歌麿とその時代 美人画と役者絵」は22日まで、徳島市のあわぎんホールで。

●関連記事●

浮世絵ってなに? 知っているようで知らない浮世絵の世界

写楽・歌麿とその時代 1 写楽「嵐龍蔵の金貸石部金吉」

写楽歌麿とその時代 2 写楽「中島和田右衛門のぼうだら長左衛門と中村此蔵の船宿かな川やの権」

写楽歌麿とその時代 3 歌川豊国「役者舞台之姿絵はま村や」

写楽歌麿とその時代 4 写楽「大童山土俵入」

写楽歌麿とその時代 5 歌麿「松葉楼粧ひ実を通す風情」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.