ヴォルティス、新加入・佐々木選手に聞く

徳島ヴォルティスにベガルタ仙台から育成型期限付き移籍で加入した佐々木匠選手に、意気込みなどを聞きました。

徳島ヴォルティスに、ベガルタ仙台から加入した佐々木匠選手

現在の心境は

―仙台を離れるのは初めての経験で少し不安もありましたが、徳島ヴォルティスの選手がやさしく、接してくれているので、チームに少しずつなじんできている部分もあります。来たからにはチームの力にしっかりなっていけるように、頑張っていかなくてはならないと思っています。

移籍は生まれ育った仙台を離れる大きな決断だったが理由は

―一番の決め手は、徳島がしているサッカーの部分。すごく魅力的なサッカーをしていて、自分のスタイルと重ね合わせたときに、自分が生きたプレーができるのではないかと思ったので決断しました。

徳島のサッカーの印象を

―後ろからボールをつなぎながら、中盤からボールを配給していくサッカーは、見ている側も楽しいと思いますし、すごく魅力的なサッカーだなと思っています。

自身の生かしたいところは

―チームとしてJ1昇格を目指している以上、しっかり戦わなければいけない。球際のところ、勝負どころをしっかりやっていきたいと思っているんですけれど、自分の特徴は、見ている人も予想できないようなプレー。そういう発想のプレーをできると思っているので、サポーターのみなさんに見てもらいたいですし、攻撃のアクセントとしてチームに付け加えられればと思っています。

ドリブルをはじめ、ラストパスやシュートもある。一番の特徴はどこか

―ドリブルだと思っています。相手を抜き去るというよりもボールを運んでいくドリブル。抜かなくてもそこからパスが出せたり、シュートが打てたりというところだと思っているので、そういう技術の部分をたくさんの人に見てもらえたら。

J1昇格争いをしている徳島での目標は

―自分の得点やアシストを増やしていくことがチームの力になると思いますけども、まずはチームを勝たせることが一番だと思っているのでそこにこだわっていきたいと思います。徳島はプレーオフだけでなく、自動昇格も狙っていける位置にいる。そこを視野に入れながらやっていきたい。

ファン・サポーターの方にはどう呼んでほしい

―仙台のときから「たくみ」と呼ばれていたので、そう呼んでいただければうれしいです。

徳島のファン・サポーターへメッセージを

―徳島ヴォルティスのために、全力でJ1昇格に向けて頑張っていきたいと思います。応援よろしくお願いします。

佐々木選手は、サッカー以外では「徳島でおいしいものを食べたい」そうで、徳島ラーメンに興味を示していました。

ロドリゲス監督は、佐々木選手の印象を「徳島のサッカー、アイデンティティーに合っている選手だと思う」と評し、シーズンが終盤に向け、創造性やハングリーさを持った新しい戦力が加わったことを心強く感じているようでした。

インタビュー動画はこちらから

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.