激流に挑む 「ラフティング世界選手権2017」

 三好市など吉野川上流を舞台にしたラフティング世界選手権は6日、いよいよ競技が始まる。3~5日に公式練習が行われ、世界各国の選手たちは激流の感触を入念に確かめた。準備を整える強豪の姿や、日本初の世界選手権を祝う三好市民らの喜びを写真で紹介する。

パドルさばき 豪快

激流に挑む日本チーム。絶妙のパドルさばきを見せる

ひっくり返りそうになりながら突っ込むボート。迫力があふれる

海外チーム「準備は万端」

吉野川にやってきた海外勢。公式練習にも力が入る

コースを見ながら戦略を立てる海外チーム。入念な打ち合わせに余念がない

海外選手と三好市民交流

記念写真に応じる海外選手。観客とも交流が深まる

開幕日に行われた選手のパレード。大勢の市民が出迎え各国の小旗が揺れた

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.